ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

愛してやまないのは、太くて逞しいミミズ…○o... << prev
next >> 山積みの服に囲まれて途方に暮れる

雨の日アスファルトに出現する白くふやけたミミズは、夢を描いて上京した若者のようだ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • すごく詩的な文章。古典的なのか前衛的なのか、感動的なのは確かだ。

  • 読ませるなあ

  • このセンスで小説を一本書いてほしい(本気で)

  • うらぶれて、朽ち果ててるからな

  • うん、そのようであってもいい。

  • 潤いのある生活を夢見て出てきたものの、居場所が見つからないまま干からびてやせ細ってゆく。

  • さらに人に踏まれちゃったりして、ボロボロになってしまうんですよね

  • そんな人間を何人も見てきました。

  • 何を勘違いしたのか田舎から上京し、無理を重ね、夢に破れ体も壊してしまうその姿は、物悲しくもあり、いじらしくもある。

×
  • 夢を描いているというより苦しさから逃げ出した結果なのでは

  • わかんないよ。

  • つまり上京する際は雨具をきちんともっていけということですね

  • 詩的ではあるけど若者死んじゃってるよね?

  • そのピンチをどうにか切り抜けて、太く逞しいミミズに成長するんだ!!

  • わたしはああじゃなかった。

  • すごい脳みそだ。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
愛してやまないのは、太くて逞しいミミズ…○o... << prev
next >> 山積みの服に囲まれて途方に暮れる