ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

有名人で「ケンさん」と言えば、もちろん... << prev
next >> おせち理をつくる

戦闘機→かっこいい:○、怖いor迷惑:×

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 正直血がたぎるものがある。やっぱり旧日本軍!

  • よしおさんのコメントに納得した

  • 軍用は大体何でもカッコいい。/戦闘機って攻撃の対象にされてから出番が来るもんだよな。これを怖がるひとは防弾チョッキをも怖がるんでしょう。人殺しの道具だーって。

  • 住んでいる場所が場所なので身近な存在。

  • 好きではあるが騒音は物凄いだろうな…

  • かっこいいとガキの頃に思って今は空自所属で乗ってます、 ただジェットエンジン音がデカイのは、否定できません。

  • 戦闘機はかっこいいなぁと思う。まあ鎧や剣や銃と同じ様な禍々しさもあるけれどね。爆撃機の方が怖い感じがしてしまいます。

  • かっこいい。飛行機は飛行機でも旅客機とはまた違ったかっこよさ。でも実際近くを飛ばれたらうるさくて迷惑だろうけどね。

  • 力は正義 力が無ければ正義たり得ない。 皆さん、それに守られてのほほんとコトノハできてるんですよ。

  • 同じ飛行機でも旅客機とは全く違うかっこよさがある。低空で普通に旋回しているだけでも実際に見るとすごいと感じる。戦闘モードの機動はどんな感じだろう。実際に攻撃されたら怖いけど。

  • 興奮する。かっこいいよ。

  • 西側の戦闘機は格好いい。東側の戦闘機は怖い。

  •  格好いいです。しかし基地の近隣住民は騒音で迷惑料もろわないとやってられないような‥。

  • 「強い戦闘機」は微妙なんだよな。ラプターとか、イーグルとか。戦争云々ってのは馬鹿すぎる。戦争が好きな人間なんて普通居るかボケ。//戦闘機がなくなれば攻撃機や爆撃機が地上を蹂躙するだけ。それでいいなら、いくらでも廃絶をお叫びください。爆撃機は敵国人を殺し自国民を守るために作られたものだが、戦闘機については違う。リデル=ハートの爪の垢煎じて飲んどけ。

  • 実用という要求に対して、生み出される不思議な機能美。

  • 旧日本軍の戦闘機はそれぞれ悲しみとか運命とかいろんなものを背負ってて好き。

  • 最先端技術の塊と思えば…でも最新鋭より昔のプロペラ戦闘機のほうが好き

  • 現行装備でなければ、ごめん、やっぱり格好いいです

  • 兵器はカッコイイとか乗ってみたいとか思われてナンボですからねぇ。

  • 富豪になったら操縦したいですな

  • 米軍三沢基地の看板 「うるさくしてごめんなさい。でもこれが自由の音なのです」

  • 好きだが訓練で住宅地の上を飛ぶものではない。

  • なるほど機能美か、その機能の善し悪しは別にしてね。

  • 変形してロボに…なるのは彩京シューティングのやりすぎか

×
  • 米軍厚木基地周辺で訓練飛行している戦闘機の騒音で、随分迷惑した記憶がありますので…

  • かっこいいけど・・あの騒音は社会問題沖縄では日常に頭の上飛んでる・・

  • 形には美を感じるが騒音等さぞ迷惑だろうと・・

  • 人を殺す事を目的として作られたものは、ただそれだけで怖いし、存在が迷惑。

  • 低空で近くを飛ばれてみなよ。マジうるさいよ。

  • 格好はいいが、あんなものはいつかなくなってほしい。

  • 惹かれる物はないです

  • やっぱ格好いいとは思うけど…騒音被害が多発する地区なので(´・ω・`)

  • 紙ヒコーキのが好き

  • 制空用途は確かにかっこいいが、対地攻撃能力が加わるとだんだんダサく見えてくるのは何故だろうね

  • 機能美!とも思ってしまうあたりがくやしいのだが、あんなもんお金はかかるしうるさいし迷惑だ。

  • や、見る分には格好良いんだけどさ。...厚木周辺の米軍機、狙撃出来そうな高度で飛ぶんだよなぁ...。

  • どちらかと言うと怖いかなー。かっこいいってのも分からなくはない。

  • 洗濯機のほうがよほどいい。

  • 米軍基地の近くに住む者にしてみれば迷惑以外の何者でもない。↓のコさんに同じ。夜中に飛ぶな

回答したユーザ (124人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
有名人で「ケンさん」と言えば、もちろん... << prev
next >> おせち理をつくる