ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

コアラの歩く姿を見たことがある。 << prev
next >> ブーツ好きだが臭いが気になる

チャップリンの「1人殺せば殺人者だが、100人殺せば英雄だ」

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 良い皮肉だと思う

  • 皮肉のような事実。

  • 現代に当てはめたりして真面目に考えてる人がいるけどさ、ずれてるよね、それ。

  • 英雄、もしくはそれに準ずる「栄誉」は、相応の犠牲なくしては得られない。別にチャップリンはそういう事を言いたかったわけではないのだろうが

  • こういうのをダブルスタンダードって言うのね

  • 鷹野三四ですね、分かります

  • 英雄=殺人者ですか。スプレンディドはそうかもしれませんが。

  • 悲しいけれど、此が戦争なのよ。

  • 映画の中の実際のセリフは One murder makes a villain; millions, a hero. だから、100人ではなく100万人が正しい。チャップリンはこれで赤狩り対象入りになった。

  • まったくアイロニーではないというアイロニー

  • 古今東西を問わず事実だ。でも50人程度では殺人者として断罪されますね。

  • 何となく好きなのでこちら。

  • 時代によるがね

  • 最高の皮肉ですね。

  • 意味を分かってない人が多すぎる。

  • 最高の揶揄。

  • すごい皮肉だけどその通りだとは思う。

  • [映画]「ぼくは100人殺して絞首台行きなのに,1万人殺した奴が将軍だぜ……やっぱりこの世の中,どこかおかしいよ」

×
  • 戦争ゆえの狂気を皮肉ってる?

  • 殺人狂時代で、言わんとすることはわかるけど、国家の主権の行使として軍事行為を行って、国家の意志に従った殺人の結果が"英雄"なのであって、国家の意志に逆らった人殺しは100人殺そうがやっぱり殺人。

  • 「数量が神聖化する。」と続きます。全文だとちょっとニュアンスが違う。

  • 21人で英雄だ。根拠はビリー・ザ・キッド。

  • 時代による。いまじゃ殺人鬼

  • 時と場合による。 100は微妙な数のような気もする。

  • そこらへんは政治の力。

  • 100人殺しても殺人者だと信じている。

  • 安っぽすぎる。1人を救う為に仮令1000人が命を落とすことになろうとも退いてはならない時もある。それを否定したら国民国家は成り立たない

  • 今の時代には馴染まない皮肉だね

  • この言葉だけでは時代の皮肉にはならぬ。

  • 現代では、その発言は考え物ですが…。完全に違うとも言えません…。

  • 殺人者に変わりない

  • 「むしろ時代と環境、そして流れ」「100人殺してもただの人殺しになることもあれば、1人殺して英雄にもなれる」「まあこんなこと言うのは野暮だけどな」

  • 英雄扱いするのは一部の人間だけ、ほとんどの人間にとっては殺人者でしかありません。

  • 英雄にはなれない

  • 言葉としては面白いが、100人殺せばもはや人間としての理性が残っていないのではないかと感じる。

  1 | 2   next

回答したユーザ (148人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
コアラの歩く姿を見たことがある。 << prev
next >> ブーツ好きだが臭いが気になる