ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

「捨てる」を「ふてる」って言う << prev
next >> 同じ名前の人に恋をした

夜に全力疾走すると、身体が軽い感じがする

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 夜の方が、走りやすい気がする、身体的にも。

  • この町に自分だけな気がする

  • 気持ちいいですよね。風景が見えないから、なんだか不思議な感覚になる。

  • あはははははは…ボンッ!!

  • 帰りのロープウェイ街はいつも

  • 最近、酔っ払った時ぐらいしか全力疾走してないです

  • 自転車で走ると「今度は永遠に走り続けられるんじゃないか」と思えるほどに高揚することがある。

  • 空も飛べるはず。(※飛べません)

  • 月や夜の魔力?単に気温が低いから?

  • 新たな世界に到達する

  • 内緒だけどね、夜ならそのまま飛べるらしいよ

  • そのあと物凄く汗が出るんだけど

  • 朝ランニングすると疲れる

  • そのまま浮き上がって消えてしまう

  • 初恋の人に会った後は夜全力疾走がおきまりだったなあ

  • 「真夜中の街中で、誰もいないとき」という条件つき

  • 酔うと尚更に

  • 夜を駆けてく 今は撃たないで

  • 昼間より速く走れてる気がする。

  • わかるわかる。いつものようにすぐに息切れするけどね(笑)

  • 風にあたってちょっとずつ剥がれるんだよね何かが

  • いつもより速く走れている感じがする。

  • 錯覚ですけどね。

×
  • 全力疾走してるときは、大抵何か急いでいるときなので・・・

  • 重力緩衝が起こってるから(ウソ)

  • 鉄の腕は萎え…… 鉄の脚は力を失い…… 砂に埋もれた砲は二度と火を噴く事はない…… 鉄の戦士は死んだのだ 狼も死んだ、獅子も死んだ…… だが砂漠の太陽にさらされながら巨人は確信していた 若者は今日も生き、若者は今日も走っていると…… 巨人は若者の声を聞いた 吹き渡る砂漠の風の中に確かに聞いた……

  • 夜に全力疾走をしない

  • むしろ朝。しかも寝坊した時

  • とりあえずじゅうぶん明るく平坦な場所でないと危険。ああ、終電の時走ったか?軽いかどうかとか考えなかったし、覚えてない。

  • 徹夜のテンションみたいなものですか?

  • ゼイゼイ言う声が響いて、なんかすごい空しくなる。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
「捨てる」を「ふてる」って言う << prev
next >> 同じ名前の人に恋をした