ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

森山未來 << prev
next >> 殺らなきゃ殺られる!って状況で、手にし...

抗生物質

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 喉の風邪に効くからと貰った。白くて大きい錠剤。

  • 個人的に好きなのはメロペネムとリネゾリドとダプトマイシン。ストレプトマイセス属の細菌は、臨床で使われる抗生剤の3分の2を作れる。ゲノムを解読したところ、関与する遺伝子は22個あり、その中で前から知られているのは4種類に過ぎなかった。耐性菌に対する強力な抗生剤を作れるかもしれない

  • まさかの血尿で。抗生物質で治る病気だったのは幸いでした。

  • 腹ゆるくなるから医者に出されそうになっても「自力で直しますんで」とかよく言う。

  • 20世紀のすごい発明で、すごく必要なものなのであることは確かなんだけど、両刃の剣ですね

  • バイ菌から足が感染したときに処方してもらった。結局効かなかったので最後は点滴だったが、それにしても痛かった!!><

  • 下瞼に霰粒腫ができて抗生物質の軟膏を塗ってる。あまり効いてない気がするけど…。

  • 遺伝子工学ではアンピシリンとかよく出てくるね。

  • 時間が勝負というときも多々あるから、朝までとか月曜日まで待って重症化させてしまうよりも、自分に合った抗生剤を用意しておき、タイムリーに飲むとよい。ただし、連用はあかんよ。

  • クラリシッドとかフロモックスとかバクトラミンとかとか

  • 濫用しなければ、というのを使うべきでないという理屈に悪用しないでね。

  • お世話になることはあまりないですけど

  • 本当は、あまり頼りたくないけど。

  • とびひとか足が腫れたとかにはてきめんに効きますね。息子がよくお世話になります。中耳炎のときも毎日飲んだなぁ。でも、下痢するんだよねぇ

  • いつも助けられてます・・・。

  • たまにお世話になるけど、相性良くない。

  • 「生物に抗う物質」っていう意味で合ってる?

  • 20世紀最大の発明、現代医学の勝利

  • 職場にも、そういう人がいたらいいなぁ。

  • 即効性が大きいから我慢できないときは出してくれるところに行ってしまう。

  • 毒をもって毒を制す感じ VRSAの次はなんだろう

  • おせわになりましたが、本当にこれが適した処方だったのかは疑問。

  • 扁桃腺こじれてクラビット。…これ?クラミジアの薬じゃないの?と、ビビった

  • 最近の医者はすぐ出すよね。VRAとかMRSAに感染したくないのだが。

  • 風邪引いたときに

  • 小さい頃は「ぜんそく」持ちで「風邪」もこじらすため、よく病院でもらって飲んでました。

  • これを呉れたまへ

  • ありがとう。

  • 熱を出したときの必須物質。

  • 子供の頃はきっとお世話になっていたと思う

  • 人類の平均寿命を伸ばしたらしい

  • 風邪引いたら行きつけの病院でコイツをもらって3日間休む。

  • 一部、アレルギーがあるけど…

×
  • 安易に手出ししないほうがいいよ

  • 少しでも体調が悪いと親が大量に飲ませようとした。いまは飲んでない。

  • 貰うたびにアナフィラキーショックに怯える

  • れいやさんに同じ。蕁麻疹出ちゃう。

  • 医者も薬もお世話にならずに済ませたいと思っています。

  • セフェム系が苦手…。 / わたしはおなかが緩くなります。蕁麻疹のほうがつらいですね>ねこりさん

  • 適正使用推進。飲んだらカンジダになりやすくなるので、個人的には飲みたくない。

  • アンチ・ケミカル。

  • 飲むとほかの病気が出てくる

  • 出来れば飲みたくないけど、飲んだら楽になる。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
森山未來 << prev
next >> 殺らなきゃ殺られる!って状況で、手にし...