ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

相談事しても結局答えは自分で決めてる << prev
next >> 好かれると嫌になる

中将棋

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 外国人と電子メールで対局したが、時差の影響もあって、ナカナカ終わらねぇ~~~~~~。

  • 一度だけでもいいから、やってみたい気が。

  • 聞いたことあるけど実物は見たこと無いなぁ 大将棋にいたっては……

  • そういえば2chのスレで対戦してるのを見たことがあるなあ

  • 高校のとき将棋部だったのだが、先輩といっしょにこれを覚えようとして文献を探したことがある。盤面は12×12。駒はあわせて92枚。(将棋の倍以上)獅子という駒が魅力的。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E...←wikiの解説が丁寧!

  • パソコンでもできます。なかなか奥が深い

×
  • なにながんだかわからなくなりそう。

  • 駒苫のエースでしょ?(それは田中将大)

  • 駒の動きを覚えるだけで精一杯

  • 大相撲になりました!の親戚?

  • ファンタジー動物系の駒が大量に出てきて一見楽しそうだが、手間がかかる割にゲーム性は高くない。駒数を増やすという安易な逃げ道に走った大将棋・中将棋が廃れ、「取った駒の再利用」というシステム的な工夫に進んだ小将棋が生き残った事実には、現代のゲームデザイナーも学ぶべきところが多いのではなかろうか。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
相談事しても結局答えは自分で決めてる << prev
next >> 好かれると嫌になる