ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

invent << prev
next >> 「ケータイアドレスがソフトバンクに変わ...

人探しのときの「保護」と「発見」の違いが分かる。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • このへんでは「発見されました」の前に「無事」がつくかつかないかでなんとなくわかります

  • 最近知った。//「見つける」は「確認」って言わないかな?

  • 死者を「保護」したとは、あまり聞かない。

  • 発見は目視出来た状態、保護は管理下に置いた(要するに捕まえた)状態と理解しているが。

  • 無傷と怪我ありと死亡か。無事がつけば無傷。

  • 単なる人探しと「捜索」とでは、重さが変わってきますね。

  • 違いをつける意味を知って、愕然。

  • 直接的管理下においた状態が「保護」直視的存在の確認が「発見」

  • 語彙どおりのような気がしますが

  • 「身柄確保した」と「見つけた(追跡を開始するなど)」の違い

×
  • 発見されました(無事とは言ってない)。持ち上げて落とすスタイル。反応を想像するとつらい。

  • 保護はわかるけど、発見があいまい。

  • 違いが分かっているつもりだけど,たぶん分かってないと思うのでコッチ。

  • 保護は身柄確保で、発見は現認ということなのではなかろうか

  • 保護の場合は、保護処分を裁判所に申請して、場合によっては少年院に送られることになると思うのだが、違う?

回答したユーザ
トラックバックURL:  
invent << prev
next >> 「ケータイアドレスがソフトバンクに変わ...