ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

自分に課したブログの更新が精一杯 << prev
next >> ポピュラス

ギロチン

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • これ作ってたの楽器工房なんだ

  • フランス革命の、ある意味主役。

  • ザンスカールのファラ

  • 腹切らされたうえに介錯が下手だったら悲惨ですし…

  • 明治大学博物館に展示されている

  • すごいよね。色々な拷問器具の中では好きな方。

  • もう藁人形相手にしか使われてないのかね

  • ルイ16世、マリーアントワネット、ロベスピエール、ラヴォワジエet al.…ギロチンにてその生命を散らした人達。

  • おさげは切らないよう気をつけてね

  • 導入前は斧でやってて、当たり所?が悪いとなかなか死ねなかった。それよりはマシだろ。

  • 人力残首より人道的。ただし縊死させるのが苦痛の一番少ない方法。

  • ギチロンと覚えていた昔。

  • 中世では、公開ギロチンが無くなってから犯罪率が上がったと聞いた事が有りますので・・・。 自業自得なら受け入れるべきと思います。

  • 見る側だけに残酷

  • 死刑囚を苦しませずに一瞬で死なせるという人道的目的のために発明されたのがギロチンだったのだが。当時の死刑はさらに野蛮だったから。

  • 断頭台のほうが直接的。悪魔将軍。

  • サーキュラーギロチンがカッコいいわね

  • 窓。母校の名物だった。

  • 瞬きの実験した人すごい。

×
  • 初めてギロチンという言葉を知ったのはなんかのテレビゲームだな

  • 血圧の変化で意識を失う以上「意識的な」瞬きは不可能という説が有力ではあるが、アンリ・ランギーユの一件は未だに引っかかる。

  • フランスでは1981年まで使用されていたそうな。

  • ぎゃああああ

  • 落下する直前の一瞬の沈黙と静寂。

  • 考えたくもないです。

  • トムとジェリーの武士道シリーズを思い出した

  • 傷にはギロチン(マキロンだって)

  • あんなんで処刑されるよりは絞首刑の方がましだ・・・そーいやルイ16世は自分でギロチン改造して、処刑されたの思うと…なんか複雑な気持ち

  • あんまり良い趣味じゃないよね

  • ギロチンを作った人はギロチンで処刑されたとか聞いたけど,ウソらしい。↓死ぬのに時間が掛かるらしいね。

  • ギロチンドロップに慄いた

  • 片腕カンフー対空飛ぶギロチン

  • 恐怖政治!ポピュラスフランス革命ステージだとなぜかプレイヤー側のイコン。脛ギロチン。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
自分に課したブログの更新が精一杯 << prev
next >> ポピュラス