ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

元メンバー << prev
next >> 洋楽を歌えるようになった

美しき国

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • を求めて旅をする

  • アンの物語の舞台のとこはまじで美しい。あんなきれいなところ私は今までみたことなかった

  • どこかにあるかもしれないよ

  • 自国である日本がそうなってほしい。

  • あの方の目指す方向とは違うけれど

  • 日本、好きですよ。

  • 本当の意味でのそうあってほしい

  • フィンランドとか

×
  • 鬱くしい国

  • 「うつくしいくに」反対から読んだら「憎いし苦痛」

  • 「美しくない」と言いさえすればマイノリティを排除しても構わない国

  • 何所にも無いでしょうよ。

  • 本の内容はアレだが「美しい国」と言う表現の方が素直で好感が持てる。

  • 「美しいスイス 優れた技術の結晶」なら知っている。(リンツかよ)

  • みんなが日ごろから神社に参拝して、祭日には日の丸を玄関先に掲げて「天皇陛下、バンザーイ」?それより、富士山のゴミをなんとかしよう。

  • 観光パンフレットなら理解できるけど、政策誌にしては皮相上滑り

  • 多分あのオッサンの言う美しき国と、自分のイメージする美しい国はかなり違う。

  • この手の「美」には胡散臭さを感じる。

  • 文筆家の言葉なら○だが、政治家の言葉となると、もっと具体性を要求したい

  • 小泉内閣の継承と言う事は、中身皆無の美しいお題目か?

  • この曖昧さがどことなく胡散臭い。「気合だ!気合だ!」にも似た精神主義の臭いがする。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
元メンバー << prev
next >> 洋楽を歌えるようになった