ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ケンタッキーのチキンは皮が美味しい << prev
next >> 反射衛星砲

「批判」と「叩き」は別物

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 原作ナウシカとアニメ版ナウシカくらいに別の物

  • 一番の見分け方は個人的な感情が露骨に見え隠れしてるかどーかだと思う。

  • 本来はそうだと思う。ちゃんとした批判には然るべき理由と改善への目的があるけど、「叩き」はそれ自体が目的なんじゃないかな。

  • 日本にそもそも議論とかディペートなどの習慣がないからかな。

  • 大半が「叩き」。

  • 後者が圧倒数だけど。

  • 批判は建設的な感じ

  • 聖書の言葉クリノー「判断する」から critic ができた。生まれ育った環境,教養,組織の指導者,国の為政者をクリノーできない人は,マインドコントロールされている人。「弁明する」(フィリピ 1:7)する力のない人は神ではなく,人間,組織の奴隷になるのでは。

  • 叩きはあまり意味ない

  • 反対意見に論理がともなっているか否か。

  • 「批判」はある程度相手の考えを聞きながら反論する事で、「叩き」は相手を完全に攻撃対象としか見ていないと思います。

  • 批判には改善を前提としたアドバイスが含まれるが、叩きはただの悪口。

  • まったく違う

  • 批判は意見する。叩きは嫌いだから、ただそれだけ

  • 血液型信者に対して成立の経緯や科学的因果関係が確認されていないことを説いても無知をさらけ出して侮辱的対応をとる だから叩かれ炎上する

  • 改められるものは批判、そうでないものは叩き、いわゆる悪口と判断します

  • 自分と違う物の見方をすぐ叩きと捉える狭量さは如何ともしがたい。

  • 為にする批判を称して叩き、かと

  • 批判は聞いて参考にするが、叩きは無視

  • でも言い方によっては批判も…

  • 「批判」は一応理屈が通ってないとダメだけど、「叩き」は理屈なしのただの中傷。

  • 批判と非難と叩きは区別したいものです。

  • 理由があるかないか。かな。

  • ニュアンスの丁寧さの違いじゃなかろうか…

  • ただ境界線には主観が入るため、ある人にとっては批判のつもりのものが、別の人にとっては叩き以外の何物でもないと受け取られたりする

  • 違います。

  • でも、紙一重。だよね?

  • 違いを理解してない輩も多いですが。

  • 感情的な批判は時に叩きにもなるが

  • 美味く捕らえて、美味く噛み下す。どっちも深く気にしてはいけない。

  • する側もされる側も混同している事がままある。気をつけないとな。

  • 受け取り方次第だけど

  • 言ってる当人としては○。でも、言われた方は代わらないかも

  • 叩きってのは、批判スキルのない人が行う真似事のことでは。

  • 「理」があるかないかと、相手が聞いたあとにどうするか、が全然違うと思います。

  • する時とされる時とで都合よく使い分けている

  • 別物ということになっていますが…

  • そうだね。

  • ○バナナの叩き売り ×バナナの批判売り

  • 「叩き」は人格への批判を含みます。容赦無いです。集団で殴るのは袋叩きで、叩きに含みます。

  • 受け取り方次第な点もあるが

  • 牛のタタキが食べたくなっちゃった。

×
  • もはや区別がつかないほど「批判」が酷くなって来ている気がする。

  • 最近同じに感じてしまいます

  • 2chを見てると....

  • 最近はそう言えないようになってきている

  • 批判と呼ばれる叩き行為っていう認識を持っていたがこれ自体が誤りなのか。

  • そう断言できれば楽だが。「相手が分離してないことを承知の上で批判を押す」を良しとするかどうか。

  • いや 同じに思えてしまう

  • 受け取るほうにしてみたら一緒なのかも、とか。

回答したユーザ (140人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
ケンタッキーのチキンは皮が美味しい << prev
next >> 反射衛星砲