ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

かたえくぼができる << prev
next >> 「糸瓜」が読める

「敷居が高い」という言葉を辞書通りの意味で使っている

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • まあ、滅多に使わないけどね。恐らく「難易度が高い」か「ハードルが高い」と混同してるのだと思う。

  • お世話になりながら、季節の挨拶もしていない方への訪問は「敷居が高い」

  • 不面目という意味では合っていると思う。

  • 違う意味でも使っている場合もあるだろうが

  • 啖呵切った手前まったく進歩してない自分のままでは会いにくかった。でも会ってみればそんなこと無かったかのように迎えてくれて泣けてきた

  • 意味が広がっている感はあるが

  • 「敷居が高い」という言葉の意味は知っているけど、今では死語に近いのではないだろうか。

  • ちなみにマズいことしたのでその人の家に行けない、みたいな。

×
  • 前提の質問が既におかしい。『三省堂国語辞典』第6版は第2類ハードルが高い。の意を掲載している。また『研究社新和英大辞典』第5版は例文がある。

  • 使ってないけど、もはや辞書通りの意味じゃ通じないことが多いから。

  • 言語は進化する

  • そもそも使ってるかどうか記憶にないが… / ふむ、あった。でもハードルが高いって用法だけだった。確信犯とかはそうでもない

  • へー、知らんかった。「確信犯」は辞書どおりの意味で使うけどね。

  • 「ハードルが高い」の意味でしか使わない

  • 慣用的に拡大解釈されてるのかなあ。本来の意味が精神作用的に敷居が高いというのに対して、物理的に敷居が高く入りづらいという意味合いからこういった解釈がされているのか???

  • 辞書的にはあくまでも「ある事情があってその人に会いづらい・訪問しづらい」ことを指すのであって、「その物事をはじめるにあたってハードルが高い」とか「自分には分不相応と感じてしまう」のは辞書的には誤用ということですよね、phinlodaさん。つまり「海外旅行に行くなんて、昔の日本人には敷居が高かった」「あそこのホテルはロビーが立派過ぎて泊まるには敷居が高い」というのは本来の意味ではない、と。

  • 酢の者さんに同じく

  • 閾値が高い~というニュアンスで。

  • 「不義理・不面目なことなどがあって、その人の家に行きにくい。」…あ、全然違った。

  • 「ハードルが高い」的な使い方もしてしまってます

  • 多分、使ってないと思う

  • いや、行ったことのない関係ない場所でも使うし。

  • 「鴨居が低い」という言葉を字面どおりの意味で使ってはいます。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
かたえくぼができる << prev
next >> 「糸瓜」が読める