ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

BEGIN << prev
next >> 百年の恋も冷める

神は細部に宿る

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 細部に個性が出る気がする

  • それが基本なんだろう。だが時としてそんなもの軽々と吹っ飛ばすような創作物も中にはある。

  • ええ。これがわかんない人は物を作るコトに向きません。

  • 汎神論的ですね。

  • 詳細をないがしろにしてはいけないのです

  • 神道の神はそうかもしれないね

  • その通りだと思います。

  • 八百万(ヤオヨロズ)と申しますので。

  • つくづくそう思います。良さは細部からじんわりにじみ出る。

  • なんとなく、手塚「火の鳥・太陽編」で人間の細胞を拡大していくと宇宙になるシーンを思い出した。あれはいい。

  • 細部の積み重ねが全体になるからね

  • そんな気がしてきた。

  • 確かに、トランプやジグソーパズルなんかの「かみ」は狭いところに入り込んでいるもの。

  • 神って一番細分化したとこにある法則で、それらが組み合わさって世界になるんじゃなかろか。

  • 「ああ、君が呼んでいたのか」と思うブツと、そうでないモノとの違いは、実は些細な部分にあったりする。

×
  • おおざっぱだけれどすごいというものも山ほどある

  • どこにでも宿ると思う。

  • どこにだって。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
BEGIN << prev
next >> 百年の恋も冷める