ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

夢と現実が交錯する境界線は 眠りにつく瞬... << prev
next >> 眠りの森の美女は 目を覚まして言った

疾走し続けることに理由なんていらない 体を流れる赤い血が止まることの無い限り...

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 理由なんてどうでもいい(*- -)(*_ _)ペコリ

  • そ、そ、そーだね

  • ワレワレがじっとしているこの瞬間にも、ワレワレの体内を疾走し、ワレワレを生かし続けている者たちがある。

×
  • たまにはお茶でも飲んで休みましょう

  • そうやってドクターランナーの負担を増やさないで

  • 走るの疲れるよ~

  • もーちょい爽やかに青春のにおいが欲しい

  • 冗長すぎて全然疾走感のない文章になってるよ。

  • 走るの苦手。

  • ただ・・・ただくどい

  • 理由は後ろ側に存在する

  • 疾走し足を止めることに理由なんていらない、身体が疲労を訴えるのは自明の理だからだ。

  • たまには立ち止まって空をみあげてごらん

  • 疾走し続けたら私は死ぬよ。

  • でも、立ち止まる理由もいらない

  • なんか酷いことになりそうな

  • 理由なく走ったりしないよ。

  • 計画もなく疾走してると死ぬよ、くそ暑いのに。

  • とりあえず終電に間に合ってさえくれれば・・

  • あたしは理由がないと走りたくない。

  • それじゃ燃え尽き症候群になりそうだ

回答したユーザ
トラックバックURL:  
夢と現実が交錯する境界線は 眠りにつく瞬... << prev
next >> 眠りの森の美女は 目を覚まして言った