ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

♪お茶漬けをお代わりした日はママの顔さえ... << prev
next >> 愛も 夜の帳を下ろさない白夜の夢の様に儚い

恋は 春の夜の夢の様に儚く

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 儚き恋は定めなのかしら〜

  • そして幾度春を繰り返そうと、決して忘れず。経験上。

×
  • 儚いのはなんだか寂しいな

  • 夢もロマンも散りました

  • 言いにくい~。

  • はかなくはないと思う。

  • 恋は只単に欲求に詩的表現を加えた汚らしいものだ。

  • はかないのは、人が作り出す夢。

  • こいははるのよのゆめ…おお、タイプしてて寒気がしたよ。

  • はかない、はかないって、墓なら用意してあげましょうか? ただしアイスの棒だけどな。

  • ろくでもない夢しか見てませんから

  • 春の日の 花と輝く うるわしき 姿の いつしかにあせて うつろう 世の冬は 来るとも わが心は 変る日なく おん身をば 慕いて 愛はなお 緑いろ濃く わが胸に 生くべし /堀内敬三・詞

回答したユーザ
トラックバックURL:  
♪お茶漬けをお代わりした日はママの顔さえ... << prev
next >> 愛も 夜の帳を下ろさない白夜の夢の様に儚い