ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ポジティブにいこうぜ << prev
next >> 記憶なんて曖昧なもの...

小さい頃、「さかさことば」を一生懸命考えたことがある

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 足りない脳みそで必死に。

  • あるある。というか今でもたまに考えたりする

  • 回文を作れたためしがないけど

  • つつがみっつ という絵本がありましてね。

  • でもレム色が結構いろいろ作っててびっくり

  • No melon no lemonとか、軽い機敏な子猫何匹いるかとかの回文が無駄に脳みそに格納されてます。

  • FromAで投稿常連だった「宇津井健神経痛」ってペンネーム思い出した

  • 英語の回文というのもあるよね。"Madam, I'm Adam."みたいな

  • ジュゲムジュゲムのさかさに必死になった記憶アリ

  • 長文作るのは難しいよね。大学の先輩が作った「縦ステレオ折れて捨てた」がステキだと思った。

  • もう毎日毎日 だじゃれオヤジが周囲をウロウロと

  • 「山本山」の影響かな・・・

×
  • ○で言ってるのって「回文」じゃない?「さかさことば」はまた違う

  • ないなぁ~

  • 山本山の逆は「まやともまや」だ

  • 今まで一番びっくりしたのは「宇津井健氏は神経痛」

  • 回文と早口言葉は永遠のテーマ。

  • 絵描き歌なら一生懸命考えた。

  • さかさ言葉じゃなくて 単語をさかさに言うことがブームだった。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ポジティブにいこうぜ << prev
next >> 記憶なんて曖昧なもの...