ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

障がい者 << prev
next >> たいく(体育)

ゲーデルの不完全性定理

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 岩波文庫から出てる彼の著書(論文訳)を持っています。数学が不完全なのだから、完全なものなどこの世にはないんだね

  • 不確定性原理とごちゃちゃになるんだよな

  • ちょっと前に文庫で元論文が出たな。ちくまだったかな。

  • 数学には限界があると数学自身の枠内で証明してしまうのがすごい

  • 病気を治療するたびに、新しい病気が発生したら、完全に病気は根絶できない。 仮に健康に見えても、自分が病気にかかっていないという保証はない。 たとえ医者がそれを保証しても、医者に見落としがないとは言い切れない。 医学が完全でなく、健康診断が完璧ではないことと似たようなことが、数学の体系で証明されてしまった。

  • これを知った時のヒルベルトの落胆やいかに

  • 不完全性定理の凄いところは、この定理が出発点になって様々な有用な定理が導かれるところ。「数学が不完全である」ということ自体が数学を支えているという不思議。

  • ゲーデル、エッシャー、バッハ。あーもうだいぶ忘れてきてる

  • 「この命題」がどこまでを含むかの問題・・・だったら楽なんだけどなぁ。

  • 高1の夏休みの宿題のオプションで調べよという課題が。数学への入り口ですね。

  • ルーディ・ラッカーがSFのネタにしてますな(理解?してねぇよっ!)

  • 命題:「この命題は証明できない」もしくは、「私は嘘つきだ」が真か偽か。

×
  • 連続体仮説までですーがく本読むの止まった。

  • この言葉でラッカーの小説を思い出す。Wikipediaで調べてみたらそのものずばりより、「チューリングマシンの停止問題」の説明でなるほどと思ったのでこっち。歳とったなぁ。

  • さっぱり。

  • よくわからんかったのだ

  • さっぱり・・・ゲーテルなら微かに聞いた覚えが・・・

  • 数学はキライだ。論理学は好きだけど。

  • 消化が悪そう

  • 意味がわからぬす

  • ヘンゼルとグレーテルを想起した。

  • ぐぐったけどさっぱりですわ~。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
障がい者 << prev
next >> たいく(体育)