ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ううあ << prev
next >> 「こいつさえ、いなければ・・」って思う...

「芸術的」と「人工的」は似ている?

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 同じではないしね。似ている位が丁度良いかも。芸術も人の手によるもの、という意味では。自然を芸術的と捉える考えもあるだろうけど、そう捉えるのは人であって擬人的で、自然が芸術的な創造をしているとは思わないので。

  • 人間の表現活動と捕らえればそうだろうね。ただ人為的な性質から離れようとする「美」の表現の在り方も素晴らしい芸術となりうる場合も

  • 人工美と自然美は対抗概念(但し自然⇔人工の二項論は不支持)。芸術という言葉がさすのは前者のみ。この相克から目を逸らす姿勢が日本の景観を損ねてる。

  • そうね、「似てる」なんて曖昧な言い方が一番適切だと思うぐらいの等しさ。

  • 型破りと称される芸術ほど類型的に思えるのは結局人為的であることから免れ得ぬということなのか。

  • "artifact" という単語の成り立ちには興味がある。昔はこの二つの概念って区別が無かったのかもしれない。

  • 人による作為や選択や評価があって初めて芸術となる、その意味では人工的なもの

  • エロスを求めるのですよ

  • 原生林ばかり散策していた時期にたまたまガーデンに行ったらナチュラルな美しさだと思っていた庭池や庭石がすごく人工的に見えた。アートは人工物という当たり前のことを再認識。熱帯魚の奇抜な色柄を芸術的と評したくなるのもある意味同じ。///// 20070303ハンドルをmichikoからpukekoに変えました。

  • どんどん機械的になってく。芸術が。

  • 「的」というのがくせものですが、芸術作品と呼ばれるものはすべて人工物ではないかなと。逆説的に、自然の美しさをたたえるときに芸術的という言葉は使わないし・・・。よって○かな。自信なし・・・。

  • とりあえず英語にするとそうなるです。すべからく芸術ってのは無理やり作り出された感がして嫌だです。

  • むずかしいね。「人工的」の解釈をひろーくすれば、そうなのかも

  • ぁ~言われてみれば

  • 芸術ってのは人が作るのが多いもんだから。

  • そういわれれば、似ている!

  • 人の手が加わっているという点では。

  • 「違う」けど、似てはいると思う

  • スクロールする前にそこだろうと思ったよ。

×
  • 地形や風景は人工的でもないような。人間が作り出すものも自然に含めるならそうなのかも

  • 自然物でも「芸術的」と感じることはあるだろうけど、「人工的」は人工物にしか使わない気が。

  • 人工的のなかに芸術的とか機能的とかあるんじゃない?

  • なるほどね。×だけど。

  • あらまほしき自然ってやつかな?個人的にはちょっとニュアンスが違うと思ってる。

  • 似ているという表現は適切ではないのでは。我々は自然の造型に芸術性を感じることもある。それが人工のものかどうかは明らかに判別できるが、芸術性があるかどうかは主観でしかない。

  • 似ているのではなく同じもしくは全く違うものとしてとらえるべきですな。個人的には「人工的」とはけなしことばにも用いるので全く別物と思いたいところ。

  • 英語でもartisticとartificialと違いますね。人工的で芸術的でない物はあっても、芸術的で人工的でないものってあまり無いような気がします。

  • ヨーロッパ語的な発想では「人の手が加わっている」という点で両者の根っこは同じと考えるのだろうけれども、個人的には芸術を芸術たらしめているのは結局は《鑑賞者の存在》だと思うので

  • 芸術的は美的なもの、人工的は機械的なもの・・・

  • 手を加えてはいるけどね。人工的:IDC大塚家具。芸術的:手作りなかんじ。

  • 対立軸にもないし比較するには価値が違う気がする。

  • ある意味では似てるかもしんないけど、根本は違うんじゃないかな〜

  • 芸術は人工的かもしれないが、芸術“的”は人工的とは限らないと思う。

  • 空見上げれば考え変わるよ

  • 大自然には勝てない

  • 芸術的とは想像力。人工的とは創造力。

  • 本来は似たような意味になってもおかしくなさそうですが、なぜか明らかに違う。。

  • いや・・・?こういうの難しい

  • そういう問題ではない

  • すべての芸術が人工的だとは・・・あれ、でも芸に術、か・・・う~む。

  • 神と人ほどの違いがある。しかし、神と人は似ているといえば似ている。

  • 日本語での使われ方は似てない。 「芸術的」は観たり聴いたりした人の評価。 「人工的」は自然物の代替を目的として人が何かを作ること。 だと思う。

  • 似ていてたまるか

  • ミカンと果物を比較するようなもの。「芸術は人工物のサブセットである」なら問題ない。

  • 人の手が加えられない芸術もある。鍾乳洞とか。

  • 自然物に対して芸術性を感じることもあるでしょう

  • 例えが違う

  • 次元が違うような・・・?

  • ちがう。べつものだ。

  • 「おもひでぽろぽろ」でmichikoさんのコメントの様な事を言ってたなー。でも、芸術的と人工的じゃ方向性が違う気がする

  • 芸術的でない人工物というものもあるから... 似てる似てないではないような気がする.

  • 類似点を探せば全てのモノが何かに似ている

  • センスのあるなしもあると思う。

回答したユーザ (119人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
ううあ << prev
next >> 「こいつさえ、いなければ・・」って思う...