ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

カリブの海賊 << prev
next >> あまり近づかないで欲しい

コリオリの力(ちから)

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • コリオリ枕投げやってみたい

  • コリオリの力と聞いて思い出すのはフーコーの振り子と遠心力ですね。

  • 名前は知ってるが理解は出来ていない

  • 上野の国立博物館のフーコーの振り子をみてそういうものがあることを知った。

  • コリオリの力は地球の力。地球の力は元気玉のことです。元気玉とはみんなからちょっぴり分けてもらった力のことなんです。

  • その昔、NHK教育で物理の番組をやってた。その番組に出演していた東大の教授の口調が忘れられない。

  • コリオリさんがいろいろ曲げるちから

  • そういうのがあるのは知っているが厳密にはよくしらない

  • コリオリのカ。コリオリの力。正しいのはどっち?

  • ここ数年、よく耳にする

  • 大学の力学の授業でベクトル解析使った導出を見せられたときは結構感動した

  • 注目すべきは観測者と対象物の立場

  • うわぁ、なんだこれ! を博物館で体験してきました。

×
  • 「慣性系で等速直線運動をしていない物体には何らかの力が働いているはずだ。」という教え方をしないで、慣性系でないところで感じる遠心力だとかコリオリの力だとかを中途半端に説明するから生徒が理解できなくなるのだ。

  • このコトで初めて知りました。

  • 高校地理と高校物理で聞いた。物理の演習でいくら解説を聞いても解らなかった苦い思い出。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
カリブの海賊 << prev
next >> あまり近づかないで欲しい