ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

海賊版撲滅キャンペーンCM << prev
next >> ウイルスでデータを失くしたことがある

1999年7月のノストラダムス大予言を信じていた

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 若い(80年代)ころは信じていたと思う

  • ハハハ・・怖くて泣いたこともあったw

  • それ以前に自分がぶっ壊れたwww

  • GPS問題の1999年8月22日午前9時でさえ、迎えられるかどうか心配していた

  • 当時小学生だったので、多分大丈夫だろうとは思いつつもびくびくはしてたw あっけなく過ぎ去ってぽかんとしましたw

  • 表向きは鼻で笑う一方、心のどこかで信じていた。むしろ信じたかった。

  • 漠然とした恐ろしさがあった

  • 怖くて泣いたこともあったw

  • 小学生の頃は。ふとした瞬間に死を意識して憂鬱になってた。

  • 毎日怯えていた。死と向き合おうと努力しながら泣いていた。

  • 真に受けやすい性格なんで、信じたくなくても信じていた。でも何も起こらなかった。

  • あ~そりゃもう。当時無職だったのだがどうせ世界は滅亡するからどうでもいいやって。結局何も起きずすぐ職探したが。

  • 何があるのかなーと思ってた。

  • 無邪気だったあのころ

  • 将来に絶望していた時期だったので、本気でこの世がなくればいいのにと思ってた。

  • お、俺は何も!>民生さん

  • 小学生だったので、何かあったらどうしよう・・・と不安でした。

  • だってMMRさんが・・・

  • 7月最後の日に何か起こると信じてた

  • 今の暦に直すと8月が正しいようだが、1999年8月に痛恨事を経験しました。 ノストラダムスの予言は我が家に落ちた・・・

  • 5年ぐらいおびえてた。一ヶ月前ぐらいになって、あれ?なんもおこんないんじゃないの?って

  • 1987年位迄は信じてたんじゃないかな。サンタクロースより後まで。

  • 小学生くらいまでは信じてたよ

  • 小学生やったから信じてた 毎日空見てた

  • 当時7歳だったし、本気にして泣いたしすごい怖かった・・・ 当日も学校いきたくなかったな・・・w

  • 地球の最後の日になって欲望のタガが外れたらアダムとイブになれる?

×
  • これキバヤシに訊いてみたいですね。

  • 子供の頃はそこそこに信じていた。実際にその日が近づいてきても、何事もなさそうなので大丈夫だと思っていた。

  • 2000年問題の方が「どうなるんだろう?」と気になっていた。

  • その頃知らなかった

  • 知った頃には過ぎていた

  • 爆発する日はひとつになりた〜い☆

  • 他の詩がどうとでも解釈できる内容なのに、例の予言は数字がはっきり示されていると言う著述を読んで結構楽しみにしていたのだが

  • 馬鹿馬鹿しいから信じてない。

  • 知らないなあ そんなのあったんだ

  • 2000年問題の方に興味があった。

  • 友達がお小遣い全部使うとか言ってた、私は平穏な生活を送っていた、脳裏にそんなものなかった

  • 興味はあったけどね……、でも、ノストラダムスも、人騒がせだね、本当に……。

  • 6歳になる年だからね。

  • 信じるというよりも興味をもって関連書籍を読んでいた。ただずっと読むと五島勉の構成が毎回似てることには気付く。

  • 自分でも信じられないほどくだらない駄洒落を思いついてしまった…一応書いとこ。ノストラ騙す。

  • 知らなかったからどうだろ。

  • あんまり記憶にないw

  • 信じてたら今頃収監されていたのでは

  • 多分状況を理解してなかったね。

  • 幼稚園最後の夏真っ盛りでした

  • それどころじゃなかったよ

  • 信じてなかったと思う

  • 聞いてもいませんでしたが。

  • 笑い話としか思ってなかった。

  • 予言を知ったのはすでに過ぎた後だった。

  • 記憶にない。たしか、まだ5歳。

  1 | 2 | 3   next *

回答したユーザ (315人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
海賊版撲滅キャンペーンCM << prev
next >> ウイルスでデータを失くしたことがある