ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

澤野工房 << prev
next >> 荘子

老子

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 中華の大地を実感させる思想だが現代の中国には備わっていない。

  • 流れる水のようにたおやか

  • 無為という考えは好き。

  • すごいロング白髪白髭のおじいさんを想像しがちだけど、顔見たことないや。

  • よく分からないけど、実在の人物ではないように思う。諸橋轍次先生の三聖会談という本が大変面白い。もっとも、個人的には荘子の方が好きですが。

  • 道(タオ)の概念や無為自然の考えから宗教や処世訓はおろか兵法の基礎を形成したのは面白い。

  • 大道廃レテ仁義アリとはまさに当世の我が国を見るようではないか

  • 孔子は「これが正しい」という規範を守らせる一種の宗教・暗記科目的な側面が強いが、老子には「禅問答のようなわけのわからないことを言って相手に考えさせる」ソクラテス哲学に近い面を感じる

  • 陰があるから光がある、とかそういうのだったような。

  • 詳しく覚えてないけど、一番性に合った記憶が。

  • いろいろ経験して悟った人のための思想とも思えた

  • おわかりになりましたか!(照)>まぐみさま

  • 名前は知ってる。

  • 名前は知ってる。詳細はもう覚えてないかもしれない。

  • 無為自然。いまいち思想は理解できていないが。

×
  • ありのままの〜 自分になるの〜♪

  • 老荘思想は好きなんだがこの色々な概念の詰まった頭では赤子には戻れん。よって×。

  • フレッチャーさんに同じく。笑

回答したユーザ
トラックバックURL:  
澤野工房 << prev
next >> 荘子