ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

欠点があるだけ成長の余地がある << prev
next >> JJといえば→ 自給自足○ 雑誌×

勝てば官軍、負ければ賊軍

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • メディアが発達した現代においては尚のこと。

  • 極論から言えば、歴史なんて常にその時代の勝者に都合の良い物に改竄される物。そして敗者は存在その物から徹底的に貶められてしまう物。歴史上失脚した人物の評価からも明らか。

  • ↓37歳無職の共産ババアは犯罪分子。だから徹底的に弾く。何が正義だwお前が陶酔する正義は犯罪だろう?w

  • 『正義は勝つ』ということ。そして正義が悪を討つのが使命である。無条件降伏させてはじめて決着がつくものだから、負けたら無条件降伏になるのは当然。

  • そして百人殺せば英雄だ

  • 正確には「勝った側の正義に、『正統性』が与えられる」。後に待っているのはその「正義」が他に取って替わられるまでの、必死の延命活動。まー、ある意味で不幸。

  • WBCで、日本に勝ってマウンドに国旗刺してる某国のお馬鹿な行動見てて思ったわ。

  • 第二次世界大戦、太平洋戦争のことですね。

  • まあ、まだ人類の歴史は、そうでしょう。

  • 結果は大きな意味を持ちますから

  • そういう仕組みなのかも・・・

  • 榎本はあそこで死んだほうが英雄だったかも

  • 人の歴史というのはそうやって作られてきました。

  • 無理が通れば道理が凹む

  • そんなものかもしれない。

  • 「賊軍」って言われるとアレしか思い出せないよ銀……

  • 勝ったもんの記録が歴史に残される。

  • 歴史の紐を解く

  • 世間はこんな感じじゃね

  • 単純に二元論で語るならば。

  • そうなのかもしれないと思う時もある。

  • そりゃそうだ。win-winは、ちと意味が違うね。ゲーム理論だ。

  • Win-Winとこの言葉とは関係がないような気がします(Win-Winは軍隊と軍需産業の関係のほうが適切っぽい)が、まあ○で。

  • 両方負けることはあっても両方勝つことは無い

×
  • 米国が正義で、日本が悪だったのか? そんな筈はない

  • んでテロルにはしるやつらが出てくる。日本もずっと貧しかったらヤバイ状況になってたのかもね。

  • 「やらなければ出来なかった事実に直面せずに済む」論法。負けた戦争を引きずってるから、それを「ただ負けただけ」ということにしたいだけだろ。ところで、力の理論を信奉する立場からすれば「無条件降伏に至った失敗者」って絶対悪だよね。

  • 認めたくない気持ちがちらほら

  • 勝っても、負けても賊軍。

  • 実際の戦争ではそうかも知れないが、ちょっと嫌だな

回答したユーザ
トラックバックURL:  
欠点があるだけ成長の余地がある << prev
next >> JJといえば→ 自給自足○ 雑誌×