ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

小学校での得意科目は国語だった << prev
next >> えいごリアン

信仰と頑固

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 武力でもって反発しているような事例は「頑固に信仰を守っている」という見方も出来るのでは

  • 煎じ詰めるとそうでしょう。ただしそれが他人の目に見えるかどうかは別の話。

  • 一神教・多神教の差よりも「迫害を経験したかどうか」の方が大きく効いてくる。迫害を受けても信仰を持ち続けるには、ある種の頑固さが不可欠。

  • 他人に押し付けなければ好きにやってください。

×
  • そういうのは「妄執」の方が適切。

  • 人に迷惑さえかけなければキリストだろうがお釈迦様だろうがアラーだろうが悪魔でも信じればいいじゃん。人に迷惑はかけるなよ。

  • 信仰と頑固は違うんじゃないかな

  • 信仰は自由 でもその信仰心が強すぎて人に迷惑をかけたりするのはいけないと思う

  • 一神教の時点で寛容さに欠ける傾向にあると思う。異教、邪教という言葉に含まれる蔑視の感情が恐ろしい。 そういう人たちには八百万の神々なんてあり得ないんだろうな。 でも、それが頑固かというと。。。ちょっと違うような気がする。

  • もしかしたら頑固が度を過ぎるとってこともあるかもしれないけど

  • 一神教は比較的その傾向が強いかな。

  • なんかもやもやする。

  • 頑固になってしまうことはありがちかもしれんが

  • 宗教ではないけど信仰は持っていたい。そして謙虚で柔軟でありたいです。

  • 頑迷な信者ほど厄介なものはない。

  • 信仰の基本は「寛容」と「謙虚」。相反するものに近い。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
小学校での得意科目は国語だった << prev
next >> えいごリアン