ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

No.6 << prev
next >> 楽しい国語

「夢」の意味に「将来の目標」と「睡眠中の幻覚」の二つがあるのは、よく考えるとおかしい

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • より根本的には(睡眠時の)夢が好意的に捉えられがちなのが不思議だよね。

  • 思った事はある。使い方次第でどっちにも取れるし。

  • 不思議〜♪利便性に問題はないと思うけど、言葉の成り立ちが気になる。

  • このコトを見て直ぐにすいか泥棒さんを連想して回答を探してしまった。

  • 実際のところ前者は英語から借用された用法ってことでいいのかねぇ

  • 誰が決めたんだろう。

  • おかしい…。でも今更しょうがないじゃん

  • 両方イメージだけど、一方は意図的、一方は自然発生的だから、違和感がある。

  • 夢には時々無意識下の願望が表れる気がするんだけど、それと関係あるのかな。

  • やまとことばの「ゆめ」は「うつつ」の対義語だから元々前者の意味は無いのでは。「夢が叶う」というのはおそらく英語からの類推による誤用で、正しくは「願いが叶う」「望みが叶う」の筈

  • そうやんなぁ。なんでやろう。

  • しかも英語までそうだし

  • 将来の夢は夢ではなく、思い描いた時点で現実なのだと。むしろ実現していたりもすると。誰だっけ…

  • 言われてみればそうかもしれない。

  • 日本語と英語ではそうだけど他言語ではどうなんだろう。

×
  • 将来の幻覚でも睡眠中の目標でも何でもいい

  • 一語で複数の意味がある例はいくらでもある…のが当たり前と思わされている!?

  • どちらも儚い

  • 言ったら切りないよね。

  • 夢の話、空想の話ということも…。代わる言葉を用いて使い分けよう

  • 単語に二つの全く異なる意味があるのは面白い

  • おもしろいじゃない。

  • 混同の危険も全く無いし。/でもこういうのはもしかして翻訳機の敵かな。

  • 「将来の目標」が「睡眠中の幻覚」に暗示として・・・?

  • そうでもないですよ

  • おかしいとは思わないかな

  • 意外な理由があったりするかも

  • つまり未来なんて幻に過ぎないんだよ

  • そうでもないきがする。

  • そこが日本らしくていいじゃない。ちなみに英語では「将来の目標」=goal、「睡眠中の幻覚」=dreamと表現するとネイティブに教わった

  • どうでも良い、似たようなものだし('A`)

  • 英語のdreamだって同じ2つの意味持ってるから普遍的かと

  • 似た感じするからだよ、きっと

  • 幻覚なんじゃ?

  • 夢に理屈を求めるのはナンセンスだと思う

  • 夢という言葉と「将来の目標」という意味を安易に結び付けたくない。

  • 別に、2つも3つも意味をもつコトバなんていっぱいあるやん。

  • ごめんどうでもいい

  • よくかんがえないとどうでもいい

  • どっちも現実でないという意味だからおかしくないですよ。

  • 多義でもいいじゃん

  • 日本語らしくて好き。 アメ(雨・飴)とか、いい(good・遠慮)とか、あいまいなことは、日本の美学です。

  • 現実ではない

  • 睡眠中に将来の目標を見る事があるのだから、いいのでは。

  • 単語1つで2つの意味をもつのはよくあること。

  • 別に気にしたことないし気にしない

  • [言葉]じゃあ英語の'mean'に「意味(する)」と「みすぼらしい」の2つの意味があるのも(実際には3つ)おかしいのかね

  • そんなこと言ってたら、実はもっともっとたくさんの意味があること見逃しちゃいますよ。「夢のある暮らし」とかね。

  • おかしいと思う前にまず、何で同じ言葉が使われるのか考えてみた方が世の中楽しくなると思うよ

  • 夢に二つの意味があるということが、日本語にも英語にも(あるいは他の言語も?)共通していることが面白いかも。

  • ドビュッシーの reverie 好き

  1 | 2   next

回答したユーザ (172人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
No.6 << prev
next >> 楽しい国語