ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

007のテーマ曲は「おっぺけぺーぺー、ボン... << prev
next >> 歌ってるといつの間にか鼻唄。

スポーツ選手の「楽しんでやりたい」

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 経験的に楽しんだ方が良いプレイが出来ると思う

  • これね、ホントにやることやって全力を出し切る場合と、こう言いながら何かヤバい雰囲気が漂ってる時があるよね。どちらにしても楽しんでやってもらいたいという意味で○

  • 自分が楽しむことでベストパフォーマンスを発揮できることを経験で知ってる

  • 「たのしむ」と「らくをする」は全くの別物だと思っていますので

  • 「楽しむ」にも色んな種類がある

  • 楽しむ=手を抜く、という発想がおかしい。全力で戦って、勝つことが一番楽しいのに。 スポーツを本当に楽しんでやってる選手が好きです。

  • 真剣勝負は前提だろう。全力で勝とうともせずに楽しめる訳が無い。

  • スポーツとは遊びであり楽しむためにやるもの。結果を出さなければならないというのは本来のあり方ではない

  • プレッシャーがないほうがいいかもね。

  • 心がうまく開放することで身体も予想以上の働きをすることがあるから

  • それだけじゃダメだけどね

  • 結局、勝てなきゃ楽しくないけどね

  • 一生懸命やれるぐらい好きなのなら、楽しめているはず。「死ぬ気でやってないのか」ってのは見当違いな話な気がする。楽しむくらい夢中になってやっているのならそのスポーツに命かけてやってるんだと思うんです。

  • 一生懸命やることは楽しいことだ。それを履き違えてる人がいうと、「おまえ、それは違うだろ」と突っ込みたくなる。

  • [社会]小林よしのり氏の「わしが楽しくなければ読者が(漫画を)楽しめるわけねーもんな」(初期ゴー宣)という言葉が思い起こされる

  • =それぐらいの余裕を持って臨みたい って事じゃないの?

  • そこは基本なんだけど、やはり勝負に持ち込まれる。

  • 最近の小野伸二へ捧ぐ

  • 死ぬ気でたのしんでほしいです。

  • 少なくとも外野がとやかく言うことではない

  • どうでもいい。あえて言う必要はないとは思うけど。

  • 当然○でしょう。我々が勉強なり仕事を楽しくやりたいと思うのと一緒ですよ。自分は言葉尻だけ捕らえて選手の思いにケチをつけたくないです

  • 楽しむ楽しまないと成績はあまり関係がない。結局実力。なら楽しんだほうがいい。

  • 楽しむのは大事だよ。何事も。

  • 苦しみながらプレイするのは見ててイヤだ。

  • 本来そうでなければいけないと思う。ある意味「プロスポーツ」というのは間違ったあり方ではないか。プロであることから生じる義務感とうまく折り合いをつけつつ、でも本人には楽しんでやり「たい」気持ちを持ち続けてほしいです。

  • 必死でやってるからええやん

  • 楽しんで更に結果がついてくれば最高でしょう

  • スポーツにかぎらず、プロフェッショナルのひとのこういう姿勢はすき

  • 好きな人にとっては『苦しい事』も『楽しい事』に置換されるから○

×
  • でも実際はガチでやってる

  • こういうのは、試合が終わった後に言えばいい。

  • 真剣に、死ぬ気でやって、その結果論が「楽しい」だったら尊敬するけど。やる前から逃げ道つくろのはイヤです。

  • 金もらうんだしね…それだけだとまずいしょ。

  • そんな楽しく仕事ができればいいね

  • ベストを尽くせ。

  • 死ぬ気でやれや。

  • カネをもらってやっている以上、真剣勝負でやってほしい

  • オリンピックではやめとけ。

  • スポーツ選手も、自分一人の力だけでやってるわけではないから軽々しく言う言葉ではないと思う。

  • スポーツマンの楽しみ方が常人とは違う

  • ほんとに楽しんでるのか謎。

  • あえて言う必要はない。

  • 自信がない時にでる言葉なんじゃないかと思う

  • トリノで「楽しんでやりたい」と言った選手の撃沈ぶり。

  • 毎日やっとって今更「楽しんでやりたい」って思えるもんなんかなぁ??

回答したユーザ
トラックバックURL:  
007のテーマ曲は「おっぺけぺーぺー、ボン... << prev
next >> 歌ってるといつの間にか鼻唄。