ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

缶詰、10年もの << prev
next >> タイピングをする時、つめの音がする

ノンバーバルコミュニケーション

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 自分ではその鈍さに案外気づかないもの。

  • 重要。だが、日本人は初対面でのこれが苦手な人が結構多い気が。最近の傾向か。masahiro 2.0さんの意見が的を射ている。もちろん言語は言語で重要だが。

  • 対面していると7割ぐらいがここに集約されている。

  • 情報化の行き着く先

  • 身振り手振り、目配せ、顔色、…。いいねぇ。

  • 言語に拠らない意思疎通

  • 非言語下での目配り、気配りで成り立っていた関係も、少なくなった。

  • 人は見た目が9割は昔読んだ。これは大事だと思う

  • ていうタイトルの本(割と古め)を読んだことがある。今でも十分通じると思われ。

  • 非言語コミュニケーションって当たり前でしょ。

  • たんじゅんに言うと、他者にむけて開かれているか、閉ざされているかがポイントです。受容か拒絶か。

  • 大事でしょ。

  • ことばも大事だけど、醸し出す雰囲気はもっと大事。

  • それに頼ってる気がする

  • めとめでつうじあうーってやつだよ. 舌打ちとか咳払いとかもそうかな.

×
  • そこに重きを置きたくない。これで可能なのは動作ではなく潤滑、補助に過ぎない。だから外国語何とかしないといけないんだが、なんとそれがこいつどころじゃなく苦手だという。

  • メールや blog を書く際になぜ慎重に慎重を期さなければならないかという理由がここにある。我々は日常生活であまりにもノンバーバルコミュニケーションに頼りすぎており、それは決して良いことではない。

  • それは(自主規制)ってことですか?

  • やっぱり言葉は大事

  • 弊害の方が大きい印象だ

回答したユーザ
トラックバックURL:  
缶詰、10年もの << prev
next >> タイピングをする時、つめの音がする