ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ビーチフラッグ << prev
next >> はだしのゲンの10巻(汐文社版)

狂気の沙汰ほど面白い…!

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 市川さんの名言。おじいちゃん格好良過ぎて困ります

  • そこそこにやらかしてくれることは魅力に繋がると思います。

  • 少佐思い出した。全十巻ってマジですか?

  • 見えないものを見なきゃだめだよ

  • 筒井康隆の「狂気の沙汰も金次第」は面白かった

  • 猟奇を羅列し続けた不確定な賢者が 禁断の書物を開き結末を読み上げる

  • 世阿弥”風姿花伝”の一節にもそんなくだりがあった。物狂いを演じることが趣がある、と。

  • そんな世情です。

  • 自分の事でなければね。

×
  • マラソンとか登山とか狂気の沙汰なので面白くもなんともないです

  • カイジぐらいギャンブルにのめりこめばそう思えるかもね。

  • 当事者ではなければ、そういう判断もできるかもね。

  • 普通でよいです

  • 正気が良いです。

  • くだらない狂気もたくさんある

  • だから狂ってるんですか?

  • ほんとうに危険な状態をみたことがないからそうおもえるのです。わたしもyumiちゃんに同意。大衆のものが真の芸術ですかと

  • 狂気の沙汰が面白いかどうかというとそうでもないですよ。結構しんどいもんです。渦中の人としては。

  • 平凡でいいです。芸術はそんな素っ頓狂なものではなく民衆の日常の中にあると思っている。

  • もうしばらく正気でいたい

  • オレには生涯…あんな目はできないだろうから…

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ビーチフラッグ << prev
next >> はだしのゲンの10巻(汐文社版)