ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

正しいにっぽご << prev
next >> 履歴書にそろばん八級と書く

話が見えない

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • けっこうあるかも。

  • これは良くある事で、話し手にも聞き手にも問題がある。共通のバックグラウンドを持っていないのに、相手も当然わかっているもの、といった姿勢で話すと話が見えなくなるし、相手の察しが良くなかったり、知識や見識に差があってもこういった状況になる。

  • よって適当に流します

  • え?何が言いたいの?って事がたまにある

  • たまにある(;・ω・)

  • そして壮大なオチにどびっくり

  • いつもそんなんでごめんなさい

  • 「…で、何なの?」一通り聞いてもこうなる。

  • 私の話はいつもそうらしい。書くのはいいんだけどなぁ

  • 自分が話す時はないけど、聞く時はそうです。

  • ごめんねよく突っ込まれます

  • 自分で話している話の時もある。

  • オレが言うことのね。。

  • だから何が言いたいの?

  • よくあるなー。鈍いしなぁ。

  • いきなり話ふられても

  • 時はひたすら見えるまで待つ。

  • アレがアレでね!アレなのよ  って結局何?

×
  • ちょっと苛々、でも自分も話すのは下手だから

  • ちゃんときくから、おちついてよ

  • 大体理解できる。状況が掴めるまでなるべく観察に徹する。

  • ベースにあると思っていた共通認識がなかった場合などに出やすい言葉。「なんの話?話が見えないんだけど」。何が言いたいのか分からないっていうのはまた違うよね?

  • とりあえずこれまでに面と向かって言われたことはない。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
正しいにっぽご << prev
next >> 履歴書にそろばん八級と書く