ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

5月29日 呉服の日 << prev
next >> 5月29日 こんにゃくの日

言霊

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 言弾(コトダマ)を装填して論破する

  • 「間違ってる」

  • たった一言が誰かを救ったり地獄に突き落としたり、自身を破滅させたり世界を動かす事もある。

  • うやむやでハッキリしない考えや感情を言語化する事で、それらがハッキリと輪郭を持った塊になる。良くも悪くも

  • 言葉にはチカラがあるとは思ってる。信仰とは違うけれど。だからあまり人の悪口や悪意を込めた言葉を言わないようにしようとは思っている。そういうのって自分に還ってきたらイヤだもん。

  • ちょっと信じてるから、悪い予感は口に出さないようにしてる。

  • なんつーか、贈られてのちのち黒く効いてきた…というようなことがあってだね…

  • 悪口なんかに宿ってる

  • 結構怖い。

  • 言葉には魂がやどります

  • ある程度の年齢になってからあると信じられるようになった。人に対してというより自分に対して。

  • あると思う。だから、「いってらっしゃい」という言葉は大事にしてるよ。

  • 欺き蔑ろにした言葉は恐いくらいにするりするりと記憶の中から消えていく

  • 「お元気で」とか「お幸せに」と祝福の言葉を投げ掛けるのは、そうなることが増進されるという信仰によるという。うーん。もはや形式的。

  • あるとおもってる。

  • だいこんおろしさんに同じ。やっぱりそういうのってあると思う。

  • 言葉は一応言った人間の思念があるんちゃう?

  • 願い事は過去形で言うといいらしいです。

  • 音自体がエネルギーですから

  • あるんじゃないかなー

  • あれば伝わり、ないと伝わらない

  • 信じる信じないとかあるないとかじゃなくて、使えるか使えないかの問題だ、って事くらい日本人なら勉強しやがれ。

  • 信じる信じないは自由。あるかないかとはまた別。

  • 大切な人にはきちんと気持ちを乗せようと努力します

  • あると思ってる。

  • 言葉には力が宿る。それは自分に降りかかる。きれいな言葉を使いたい。

  • だから不用意なことは言わないようにしてます

  • あるんだろう、きっと。

  • 強く、時に人をも狂わす。

  • だからこそ、言葉には気をつけたい。

  • 信じている、まではいかないけれど

  • ってものに惹かれがち。

  • 最近は存在感が薄くなってるけど、あると思う。

  • ハッピーな単語を連発しよう

×
  • 「日本は/日本人は~」とはあまり言いたくないけれど、これ許りは、言葉に信を置かない様に振舞いがちな日本語の言語活動との一見相容れなさを常々不思議に思っている。過大評価と過小評価は紙一重と云う事か。

  • 日本的だと思われているもの、禅・茶道あるいは俳句のような言語芸術であっても、そこで重視されているのは身体性であって、言葉じゃあない。むしろ禅で端的に不立文字と表現する言語への不信こそ僕自身生まれて以来経験してきた日本的な感性と感じるな。

  • 日本国憲法なんか言霊信仰の祝詞みたいな感じだが、日本には合っているかも。

  • 口にするだけでは何も起こらない。何も努力しないで「大金持ちになる」と言ってなれるか?答えはノーだ。

  • 終生の敵。悪いことを考えれば実現する→想像や口にすることは望むことに等しい→対策不要。『なぜなら悪いことは言わなければ/考えなければ起こらないから』。このおぞましい錯誤の核心。

  • ノンバーバルなコミュニケーションの占める比重の高い日本文化でこのような言語に特別な位置を与える概念が生まれたのは興味深い。個人的には、これこそが日本語の言語としての発達を妨げた最大の戦犯だったと見る。

  • 存在しててもせなれども我が生活に、影響なし。

  • 『言葉に宿る霊的な力』か、信じない

回答したユーザ (107人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
5月29日 呉服の日 << prev
next >> 5月29日 こんにゃくの日