ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

蓮 << prev
next >> ありがとう

第36条公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 警察官や刑務官による拷問ね。そういえば、母方の祖父が昔刑事をしていて、容疑者に結構酷いことをしていたと聞いた。

  • 戦前より警察による拷問は禁じられていました。しかしその根拠が慣習法的な不成文法であったことを理由に特高警察が共産党の取締りを目的に拷問を繰り返したことにより横行していたために、現行の憲法で成文化したのです。右翼が前述の理由により現行憲法を否定する目的の一つでもあります。

  • 公務員が叩かれる分には構わないw

  • 確かに禁じられて然りだが、どこまでが拷問ないし残虐かの判断は、犯行内容や被疑者の態度によって変わるのではないかと思う

  • 実態的に拷問が行われていないかは別として、悪い犯人だから刑で苦しめてやれというのが通らない、というのが明記されているだけでも意義がある

  • 一々憲法で規定したのは、立法措置による合法化を防ぐ為かと。行政行為としての正当性を与えない、って事でしょうね。 私人の拷問は、刑法の適用により処罰できるので一々書いてないだけです。公務員の場合、法律によって行政行為としての拷問がゆるされれば正当行為となって刑法が適用できなくなる。だから、法律の上位にある憲法によって禁止したんでしょうね。行政行為として法定化しても、その法律が違憲となって正当行為から外れるように。

  • 公務員じゃないから禁じられてないと誤解する人がいないといいが・・・

  • 「絶対に」という点が確かに気になるが、禁じた方がいいことは確か

  • その割には……あの制服の人たち

  • 原文ママ…ママ…

  • 「絶対に」って所に違和感があるけれど、GHQの元の文にも「absolutely」ってついてるみたいね。市中引き回しの刑。

  • 共産ババアが加入してる共産党は、元議長が硫酸をかけるなどのリンチを加え、その結果人を殺している。その他にも警官を殺害したり、爆弾テロの前歴すらある。そういう組織に入ってる屑が批判する資格はないw

  • 空文化してるだろうから、取調べの全面可視化の早急な実現を求む。

  • 公務員じゃなくてもダメじゃない?

  • 今まで散々これをやったってこと

  • 公務員じゃなくても。他者に与えた痛みは、いつか返ってくるぜ

  • 守られていようがいなかろうが決めておくことは大切

  • 公務員だけなんだ…。

  • この条文を起案した人が戦前の日本で何を体験したのか、想像を巡らせてみようじゃないか。

  • 守られているかどうかは闇の中だけどね。

  • 今でも警察官による拷問は行われているようですが・・・

  • 当然です。死刑が残虐かどうかについてはまた別の話だけどね。

  • 絶対にって書かなくても禁ずるだけで足りるような

  • 公務員以外もやっちゃダメだってば。

  • 公務員以外でもやらないように。

  • 刑法第11条第1項に規定される「絞首」は残虐な刑罰にあたらない

  • 公務員以外だってダメだ!

×
  • 「絶対に」ってのがなあ

  • 再逮捕を繰り返して事実上の監禁を続けるのは拷問じゃないの?

  • こんなの絶対守る気ないだろ。いつだったかの海上自衛隊のリンチ事件なんかがそう。

  • “絶対に”が幼稚。すごく幼稚。校則みたいw

  • ”絶対に”なんて記述がおかしい。麻原みたいな奴には構わない

回答したユーザ (116人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
蓮 << prev
next >> ありがとう