ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

存在の絶えられない軽さを痛感する << prev
next >> ドラゴン桜

探偵が実は犯人

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 探偵も犯人もこなすなんて才能溢れてるね

  • 犯人はヤス的な

  • 外国の有名推理作家の作品。詳しく書くと判ってしまうからここ迄。

  • 主人公が実は二重人格で…とかたまにあるよね。

  • バレちゃあしょうがねぇなぁ

  • 英米の古典にもいくらでも出てくる。正直、使い古されていると言ってもいい。

  • で探偵自身が自分が犯人だってことを知らないとかか。2重人格とかだったらありかな。

  • 微妙だけど、話によってはありです

  • 流星の絆そんなんじゃなかったっけ?

  • これ系はもう出尽くしたって感じだよね

  • 去年すげえ期待して見に行った映画がこれでガックリきた

  • 読んだことはないんだけど、隅…もあってる?

  • 犯人は・・・・この私だっ!

  • 探偵ではないけど、語り手が犯人の有名なアレ。あまりに「絶対に犯人がわからない」と宣伝しすぎてたから、途中でわかっちゃったよ…。

  • そりゃねーよって感じですけどね

  • この種類も何回か読んだな。江戸川乱歩にもあった

  • あぁ・・・かくかくしかじかで、犯人はこいつだ!(自分を指さす)

  • ・・・犯人は、ヤ(ry

  • のび太もうっかりやっちゃっていたような

  • 「そうか、犯人は……僕だ」

  • パァロさんじゃないか

×
  • タブーだと、どっかにあったような。

  • これはやってはいけないルールでは?

  • 第一発見者→一番怪しくない人物→他の容疑者→死んだと思われていた人物→探偵→全然関係ない人物→語り手。疑うのはこの順番かなぁ。ちなみに読者を犯人にできれば、それだけでミステリーの文学賞は確実らしい。

  • それは反則。

  • ちょwwwwwwww待wwwwwww

  • えっ、そんなことってあるの

  • 演出に因るが…あまり…

  • 金田一が犯人だったら嫌だ。

  • 究極のどんでん返しw

  1 | 2   next

回答したユーザ (182人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
存在の絶えられない軽さを痛感する << prev
next >> ドラゴン桜