ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

Aguas de Marco << prev
next >> 即興詩人

絵のない絵本

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 夜毎に月が話をしに来てくれるなんてことが、あったらいいなあと思う。

  • アンデルセンの短編小説。中2で読んだ。月が見てきた事を画家に語るという設定。

  • 薄い文庫本。文字列と光景とをむすぶひとふりのイマジネーション

  • 小さい頃アンデルセンが好きでよく読んでました

  • アンデルセン ア‐1‐1 新潮文庫

  • 子どものとき読んだ。好き。

  • お月さまが口にしたままを書いています…

  • ちひろさんの挿絵が素敵。

  • さあ、絵にしてごらん。わたしの話したことを。

  • 月明かりの軌跡

  • 映像が浮かぶ

×
  • 本屋で見かけたことがあります。小説なのかと思ってましたが、童話のようですね。未読。

  • アンデルセンの童話集読んだことあるけど、絵付いてた(多分誰かが編集してある本)

  • それは絵本じゃない って童話ですか。

  • おはなしのほんだね。

  • それは絵本じゃない

  • 実物は見たことない。想像力が沢山必要なんだろうか。

  • 「牧場の少女カトリ」でその存在を知った。はず。でも見たこと無い。

  • そんなもんあるか?絵本じゃないっ!

  • それを絵本と呼ぶのはおかしい

  • そんなの絵本じゃない。

  • 矛盾を感じる。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
Aguas de Marco << prev
next >> 即興詩人