ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

駅名複垢氏、釜石線どころか東北新幹線に... << prev
next >> 駅名、ユーザー罵倒の連投キチガイのせい...

物事の本質をたどる際は複雑化方向に考えるのではなく、簡素化方向に考えるべきなのか

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • もうその思考からして複雑。

  • 「要するにどういうことなのか」を考えるべし。枝を切り落として残った幹こそが本質 // 久しぶりに硬派なコトを見た気がする

  • 1.養老孟司曰く。 2.一つずつを簡素にするが沢山になるので複雑に見える、その繰返し。 3.本質とあまり言い過ぎない方が良い(肯定文では出番が少ない.否定の語句が伴う)。

  • 簡素化方向に考えるべきではあるが、省かれないものもたくさんあって、複雑化してしまうのは仕方ないこと・・

×
  • 本質に近づくかどうかとはあまり関係ない。今現在、自分が木を見たいのか、森を見たいのか、見方の問題。簡素化は「理解した」という自信の獲得を容易にする。

  • 簡単にすると分かりやすくなるけど、省略された部分は誤解されるのでフォローは必要かな

  • 簡素化と細密化を行ったり来たりして適切な切り口を探す。両方必要です。↓ 同意です。

  • 分析と抽象、両方が重要だと考えています。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
駅名複垢氏、釜石線どころか東北新幹線に... << prev
next >> 駅名、ユーザー罵倒の連投キチガイのせい...