ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

シンデレラ・エクスパンション << prev
next >> 「働く」には「傍を楽に」という発想もある

指先や爪が小奇麗なのは、料理が好きだから→○、ピアノを弾くから→×

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • お友達としては、こっちのほうが好ましい。

  • ピアノも弾くけど主婦なので

  • ピアノ弾いてますが、小汚いからこっちにしとこう。

  • ピアノ弾く人は実はものっそ深爪だし意外とボロボロになるんですよ!

  • 料理 好き嫌いというより、必要性で。

  • 料理が好きな人は善人です

  • すきじゃないしきれいじゃないけど、料理するから

  • 爪長いと汚いじゃない?

  • マニキュアが剥がれて料理の中に入ったら嫌。

  • 料理好きだけどそんなに綺麗に保つ努力はしてないな。

  • 指先や爪が奇麗じゃないけど、ピアノは弾かず料理はしないことは無いので、○で・・・( ´д`)

  • とりあえずこっちにしておく(言い訳!)

×
  • エレクトーンだけど、今はただ単に長いの嫌いなだけ

  • 両方するけど、個人的にはこっちがより邪魔なんだよね。

  • もう弾いてないけど未だに爪は伸ばせない

  • 爪が長いとカツカッツうるさいですし。それと爪が長くても料理得意な人もいますし

  • 弾いてるけど爪はきれいじゃないや(´・ω・`)

  • ピアノも料理もしない・・・そして爪は職業上汚い・・・

  • ピアノ。おかげて爪が長いと違和感がある。

  • 料理好きな人の指先は荒れていると思うので。

  • 昔よく指がキレイだって言われたけど、労働してないって意味の皮肉にしか聞こえなかった

  • ピアノ弾かないけれど小奇麗にはしてる

  • ピアノを弾いてるけど、爪はあまり綺麗じゃないです。

  • どちらもなんだけど、短い爪じゃないとダメになったのはピアノのせいだと思うからコッチ。

  • ビートマニアをプレイするから。

  • 料理は包丁使うし水洗いとかでキレイではない。しかもニラなんて切った日にゃぁ…(((゚Д゚)))

  • ぜんぜん小奇麗じゃない。けどピアノは弾く。

  • 白いとこ1ミリないですね…。やりすぎですかね。

  • どっちでもない。爪は長いと何かと不便なだけ

  • 小奇麗とはいえないけど・・・

  • 両方違う気がする

  • 料理すると荒れるよ

  • 昔の習慣です。指からはみ出すと気持ち悪くて仕方なくなります。

  • 普通はこっちでしょ。

  • 料理という発想は出てこなかったです。

  • こぎれいじゃないんです><

  • 茶碗より重いものを持たないから……と言ってみたい

  • ピアノじゃなくてエレクトーン。

  • 自分が綺麗だったらどっちもけっこう有りうる気はするんだけど・・・指先別に綺麗じゃないんですよね・・・(- -;

  • 両方ともなんか違う。

  • 料理ではありえないような気が

  • 鍵盤を弾く時に長いと弾きにくい。でもウクレレを弾く時は右手の親指の爪がないと辛いので、それだけ少し伸ばしてます。ちょっと変なの。

  • 本当は「パーツモデルやってるから」にしたかったんだけど…/マニキュアしたまま食材触ってる姿はどうも生理的に受け付けません

  • 料理してたらきたなくなるんじゃないのかなあ 家事だし

  • あたしはこっちの理由で小綺麗です。

  • 料理をちゃんとすると荒れるのでは。

  • どちらも当てはまらないのです。

  • どっちにも当てはまらない理由だわー

  • 実は言えない理由が…。笑

  • むしろ楽器を弾くと深爪になるのだが

  • 料理してると手は荒れますが…

  • どっちも爪はともかく指先がきれいな理由にはならなそうな気が

  • ピアノを練習+料理しない が最強にきれいかと

  • 料理をすると確実に手先は荒れてくる

  • 最近弾けてないけど。ヴァイオリンも

  • ピアノを弾くから P.S.料理してないことがばれてしまった……

回答したユーザ (107人中、最近の87人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
シンデレラ・エクスパンション << prev
next >> 「働く」には「傍を楽に」という発想もある