ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

自分のブログを英語に翻訳 << prev
next >> Terence Trent D'arby

初耳というが、テキストなど視覚から入ってきた言葉に使うことに抵抗を感じる。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 多少。他に的確な表現がないので渋々使う。

  • 使うたびに悩む

  • 慣れると思ったんですが、いつまでも慣れません。

  • 初見? それも少し意味が違うなぁ…。

  • あー、わかる気がする。

  • とりあえずWikipediaやはてなキーワード見てからじゃないと使えない

  • ちょっと文章変ですね申し訳ない。初見という言葉もあるが、どうもニュアンスが違う気がする。

×
  • 聞こえちゃいけない声を聞いてるんだよ

  • 細かいなあ。気にしない

  • 深く気にしたことありません。

  • まぁ、もののたとえってやつです。

  • 腑に落ちさえすれば即使うよ。

  • 考えたことなかったです。なるほど。

  • 特に感じないが、使ったことないかもしれない

  • 初「目」とは言わないけどね。

  • 初めて知った、でいいかな

  • 初耳、というすでに一つの言葉なのだよ。

  • 視読でなく黙読するなら、視覚は聴覚

  • うわさっぽい、ネタっぽいのは耳でもいいかなーって。

  • 気持ちはわかるけど、普通に「初耳」って言うしなー。

  • 新しく知った言葉は使って慣れていくことで自分のボキャブラリーに定着すると思うから。僕は言葉のインプットに視覚や聴覚といった意識は特にしない。

  • 言われてみれば。まあ細かいこと気にしないで

  • 「初見」で済ます。なんあら「初見聞」とかどう?

回答したユーザ
トラックバックURL:  
自分のブログを英語に翻訳 << prev
next >> Terence Trent D'arby