ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ウィスカーパッド << prev
next >> RSSリーダー ○Feedly ×Inoreader 

阪急梅田駅3線同時発車のときの十三駅着順は運転士の性格や気分で決まると思う。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 並んで走っていると、抜きつ抜かれつで面白い。

  • 時刻表ではまったく同じだが着順は毎回異なる。しかし、神戸線特急、宝塚線急行、京都線特急が同時に梅田駅を発進する様はほんとにかっこいい。

×
  • 同時に発車かつ信号が青と仮定しても、車種による加減速性能差は結構ありますので、乗務員以外の要因も大きい気がします。

  • 乗客向けの時刻表にこそ表示されてはいないが、実際は秒単位で発着時刻が決められているのが理由の一つ。そして、各車両の微妙な性能差や重量差もある。更には、梅田発着時の乗客数(前記の車両重量にも直結)や、駆け込み乗車等の遅延も加味しなければならないと思う。

  • なん分なん秒コンマなんぼなんぼまで一応は決まってるんじゃないのかなあ。しらんけど。どんくさいおばはんが後ろからまってぇ言いながら走ってきてたりしてなかなか乗らんかったら車掌もまってやったりしてるし

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ウィスカーパッド << prev
next >> RSSリーダー ○Feedly ×Inoreader