ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

電車の葬式にいく奴は馬鹿 << prev
next >> 大事故から奇跡の性感

ジェットシルバーは鉄ヲタ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
×
  • 本物の鉄ヲタの私がきましたよ::::::: 現在の航空機の機体構造用材料の主体は金属材料で,それもアルミニウム合金で占められている。機体構造のうちジェット排気の当たる部分や,アフターバーナーの周辺にはチタニウム合金やステンレス鋼などが使われている。マッハ2以上の高速になると空力加熱によって,従来のアルミニウム合金では強度が低下してしまうため,これ以上の高速機になるとチタニウム合金やステンレス鋼を構造材として使用する必要があり,現在,世界最速のマッハ3の軍用機SR-71では,機体構造の93%にチタニウム合金

  • ジェットシルバー氏自らが×を選択されていますので…

回答したユーザ
トラックバックURL:  
電車の葬式にいく奴は馬鹿 << prev
next >> 大事故から奇跡の性感