ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

Appleにリジェクトされた << prev
next >> 冬の誰もいない海を見にドライブへ

日本国内にある市内外れの特定地域の事を「○○のチベット」と言う事がある

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 個人的に用いるのは小室→「船橋のチベット」、井川→「静岡のチベット」など。京都の周山や西宮の名塩辺りなども、この様な呼び方が用いられても不思議ではないと感じています。

×
  • その種の自分だけのオリジナル表現が思いつくことはよくある。さて、公立高校の友人と出かけたときに「○○市にこんなとこあったんや」って言ったら、私の家に来たときに同じことを思ったそうです。…なるほど。

  • なんかチベットに失礼じゃない?大体チベットって独立した文化圏で、チベタンにとってチベット中央でしょ。

  • 小学生のとき、岩手県は日本のチベットだと言われていたと何かで読んだことがあります。しかし、岩手県摺沢出身の同期社員がいたり、自転車でも2回横断したり、東日本大震災までは出張で釜石へ行く機会が多かったこともあって岩手県は東北の中では特別関係が深い県になりました。あ、話が脱線した。

  • 野迫川村が「奈良のチベット」と呼ばれているのは聞いたことあるけど

  • ちびった。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
Appleにリジェクトされた << prev
next >> 冬の誰もいない海を見にドライブへ