ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

弟子のあやまちは師匠の責任 << prev
next >> 悪態まつり

サンタクロースを敵視する人もいると思う

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • よそには行ったりしてるみたいだけど、一回も来たことない。ありえん。よい子のところにしか行かないとか言ってうちに来ないとは。なんとも失礼なやつだ。でも、ほん~ま、ほかのところには毎年いってるんだよな。考えたらほんまむかつくわ。うちに一回も来んといて、よいこのとこしか行かんとか。ほんまむかつく。サンタクロースは糞、死ね。

  • どんなに悪い人でも自分は悪人じゃないと思ってるものです

  • そりゃまあ、世界最古のドローンみたいなもんだしな。

  • ユダヤ人の子供からしたら多少やっかみもあるだろうね。

  • なんせサンタの赤い服は返り血で染まった赤ですからね。村中から虐げられていたサンタはある日鬱憤を爆発させ津山事件如く村人を殺戮。以来サンタは親を殺され残された子供に償いとして毎年その凶行の日、12月25日にプレゼントを贈っていたのがクリスマスの由来。なお、元々サンタは聖職者であり真っ白な服を來て布教活動を行っていた。彼の余りに身勝手な行いとその償いに憤りを感じる人も多いことでしょう。

×
  • 自分たち凡人には自由を言い張りながらサンタには自由を認めないなんて何様のつもり? 天皇陛下お気持ち表明で共有した国民感情はこれじゃないのか?

  • 仮にもサンタクロースやマザー・テレサやスーパーマンに対してすらも(寧ろ彼等であるか故に)人には敵意が起こるとしたら。それは克服されるべき不幸な心理であり、今は自力では克服出来ずに居る弱き者が、将来にはその克服を達する事を助ける様な途を啓く事を以て、その者ひいては私達万人を永劫に救うべき、社会の、又は人類史の課題だと云う事を示している。◆クリスたん、つかれた氏の言及も解するが、その子にとってサンタは、普通に自分を愛さず又その力を持たない幾多の常人(例えば私)と等しい。その偏った敵意が癒え易い様な社会的フォロ

回答したユーザ
トラックバックURL:  
弟子のあやまちは師匠の責任 << prev
next >> 悪態まつり