ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

城島茂 << prev
next >> テプコひかりに決めた

昔々の洗濯洗剤は、今では考えられないぐらいでっかい箱に入っていたよね?

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • そうそうそう!!

  • 懐かCMの動画でみましたザブ。

  • 子供の頃、母が洗剤を買い物する時は、必ず私を連れて行った。荷物持ちだ。漫画「オバタリアン」にも、「やっぱりブワーッと泡が立たないとね」と大きい箱の洗剤を買うシーンが出てくる。

  • そう言えば、いつの間にいまのサイズが標準になったのだろう

  • 今の大きさに慣れて当時のでかい箱の存在を忘れてた

  • 小さくなったのはバイオの力ってことになってる。

  • 三年位前に田舎の雑貨屋で「ザブ」を買ったことがある。固まってた。

  • 何かの映画で見たことあった 昔のライオンのトップ でかい

  • 柔軟剤は昔ながらの巨大なパッケージのものでも、案外売れているらしいよ。

  • コンパクト洗剤の代名詞「アタック」が出て20年、もう大箱洗剤を知らない世代が多いのかも

  • でっかかったのを覚えている。 で、粉もコップに3杯くらい入れてやら無いと、綺麗に洗濯してくれないのだった。 いまは、超コンパクトで、大さじいっぱいの量でイイモンね。すごいね。技術の進歩って!!

  • 子供ながら、アタックの小ささに驚いた。

  • でかいし、脱水するとき隣の槽に移さなきゃいけなかった

  • 入ってたねぇ、そういえば

  • そうそう!見た覚えがあります。最近の洗剤は小さくなったし、液体とかも出ているし、技術の進歩なんですね。

  • そして一度にコップ一杯くらい使ってたよね。

  • 4.7kg・・・容量で言うと、米袋くらいあったのだよ。若者諸君。「スプーン一杯」じゃなくて「カップ1杯」だったし。そして俺達が受けたのは、「アタック」の衝撃だ。

  • 入ってた、入ってた! わあい。

  • あれっ、近所にありましたよ。

  • アタック発売が1987年だそうです。洗剤って昔、薬局ですごい場所取ってたよね。

  • 最近はコンパクトだったり液体だったり

  • そうでしたよねえ。いつからこんなちっさくなった?

  • 今でも外国製のやつは、かなりでかめだったりする。

  • なんだったんだろうな、あれ。母ちゃんたち買い物大変だったろうな。

  • 一抱えくらいあったよな

  • アタックの登場は子供心にも衝撃的だった

  • 計量コップもでかかったね

  • 入っていた でかかったね

  • ザブですよね。うず潮とか。

  • 今でもたまに見かけるが、あれは大きくなきゃならない理由があるんだろうか。

  • そういえば!

  • 「スプーン1杯で驚きの白さに!」のコピーに驚いたもんだよ。

  • 小さくなったのってやっぱり技術の進歩で一回あたりの量が減ったからなの?

  • 小学生の頃お使いで持って帰ってくるのは大変だった

  • そ~いえば、そうだね。 今のはLHAで圧縮してあるんだろうか?

  • ああ。入っていたさ!金銀パールプレゼント!

  • 今でも売っている店にはある

×
  • あれ、小さいときから家事手伝ってるけど、わかんない

  • まじっすか、しらなんだ…

  • そうなんですか?

  1 | 2   next

回答したユーザ (138人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
城島茂 << prev
next >> テプコひかりに決めた