ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

しゃっくりドットコム << prev
next >> 宇田川榕菴

江戸時代、携帯が壊れたらどうしてたんだろう?

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • てぇへんだ機種変だー。

  • 生類憐れみの令に便乗したのがあの白い犬

  • てぇへんだ、てぇへんだー!

  • 発覚すると携帯憐れみの令によって罰せられるので、ひたすら隠していた。

  • ポケベルに戻す あーっこれ、タマゴッチやんか

  • 新しいのを買う。携帯が壊れるという経験がないのでわからないけど、今の時代でも買い替える。

  • タイムパトロールが呼べなくなって帰還できなくなる

  • 江戸時代でも大丈夫 …そう、iPhoneならね

  • 携帯といっても当時は糸電話程度だろうし、修理可能だったろう。

  • まだ液晶のガラスも薄かったらしいから、ホントよく壊れたってね。

  • 狼煙(のろし)で代行してたって本に書いてあったよ。

  • 西国の大大名を経由して南蛮へ修理の依頼を出してたらしいですよ

  • 早駕籠使って林檎屋に補修を頼り候

  • 天神様の井戸に一晩沈めておくと直ったとか

  • 壊れたら叩いて直す

  • それでも源内先生なら…源内先生ならきっと何とかしてくれる…!!

  • カスタマーサービスへ電話する時が困ったんだよな。ひい爺ちゃんから聞いたぜ。

  • 凄く不思議。今ほど修理の技術も高度じゃないし、携帯ショップは少ないだろうし・・・。

×
  • 江戸時代に携帯した所持品とは例えば印籠だろう。まさか人が初めて携帯した道具が電話機とは言うまいな。

  • 携帯はおろか電話自体が存在しない状況なら、壊れる事もないかと…

回答したユーザ
トラックバックURL:  
しゃっくりドットコム << prev
next >> 宇田川榕菴