ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

メロンはスプーン○ フォーク×で食べる << prev
next >> 想像以上の都会で正直がっかりした都市がある

経済学を学ぶのは経済学者に騙されないためである

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
×
  • だいたいあってるが待ってほしい。学ぶ以前には経済学がそういうものであることは分からない、その動機を持ち得ないのではないか。

  • お金のない人が職について仕事をしてわずかな給料を得るため。

  • どうして警戒すべき相手が経済学者なのか、唐突に感じました。 著名な経済学者の著述の抜粋だそうで(経済学を学ぶ目的は「経済の問題に対して一連の出来合いの答を得る為ではなく」どうしたら経済学者に騙されないかを学ぶ事である.Joan Robinson)、ここまで聞いて初めて興味を惹きます。

  • 経済学だけではなく、多くの自然科学にもそういう側面はあるが、学ぶ目的はそれだけではない。

  • 格闘技が必ずしも護身術のために習得するものではないのと同じではないか

  • //大学の場合、どの分野でも「出来合いの答え」は学部課程、「どうしたら騙されないか」は修士以上の課程、というイメージがある

回答したユーザ
トラックバックURL:  
メロンはスプーン○ フォーク×で食べる << prev
next >> 想像以上の都会で正直がっかりした都市がある