ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

歌手にも免許が必要だ << prev
next >> やむをおえない

日本語をおかしくしたのは木村拓哉と広末涼子だ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 「ぶっちゃけ」・「ちげーよ」急に大声を出す。 アヒル口の元祖・舌足らず・目を細めて笑い、実は笑ってない

×
  • 日本語をおかしくしたのは「言葉は生き物」だ。

  • 新語は女子高生が作っているとかなんとか前にどっかで聞いたような

  • 似たようなことは千年前から言われてそうだね。

  • いや、その前に酒井法子がいたぞ。

  • たった2人の力でおかしくできるなら、直すのも簡単そうだ

  • おかしいとは? 何を基準にするかにもよるけど。てか…すごい言い種 苦笑

  • 何でも人のせいにしてしまえば楽だよね。

  • 普通に考えて、教育のせいでしょう。

  • この二人そんなにえらくないだろ。

  • 日本語はどーもなってないよ

  • 言葉とは生きている。 その時代に沿った言葉が生まれることを、おかしくなる、というのにはいささか反感が。 重要なのは由来ではなく現在使われている意味だと思います。

  • 『なに事を言ひても、そのことさせんとす、いはんとす、なにせんとす、といふと文字を失ひて、ただ、いはむずる、里へいでんずる、など言へば、やがていとわろし』ですよ。千年も昔から言われ続けていることです。

  • この二人に限定出来ないけど無いとは言い切れない

  • おかしい日本語を使ってるから何ともいえないけど、この二人・・・そんな力は持ってないと思う。

  • もしそうだとしてもこんな二人に影響される方が単にアホなだけだと思う。

  • それくらい原因を特定できたらいいんでしょうけどね。

  • もしいるとしたら、コピーライターだろう。もっといえば、電通、博報堂だろう。

  • 広末しらない、なんていってるのかしら

  • そういった批判をする人が正しい日本語を話せるのかというと、とてもデリケートな問題だ。

  • のりピーだと言ってみるテスト…死語になっちゃったけど

  • キムタクは言葉が変だけど、広末はなんか変な言葉あった?

  • 「変革を許さない時代」よりは、なんばもマシ

  • 言葉は生き物ですから。

  • そんなはずないだろ。個人的な実感としては、社会的な言葉の誤用は歌の歌詞から始まることが多いような。

  • 国立の日本語研究所を設置しない国が悪い。

  • テレビの影響は確かに大きい。しかし、そういうことであれば彼ら二人だけのせいでもない。

  • 広末さんのはわからないけど、木村さんは、う~ん、おかしくしたかどうかはわからないけど、一時期真似したしゃべり方した人が増えてたような気がします。ちっともかっこよくないのにと、私は思ってました。

  • それ以前のアニメ主人公も酷かったぞ。

  • そうとも言えない

  • たぶん、ぶっちゃけを広げた世代...

  • おかしくても意図が伝われば言語

  • そうなの?キムタクは「ぶっちゃけ」とか??けど広末はわからない・・・。

  • 日本語は常におかしかったりおかしくなかったりします。いや、しない。

  • その二人には影響されたくない

回答したユーザ (142人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
歌手にも免許が必要だ << prev
next >> やむをおえない