ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

いざという時、小火器の使い方がわからな... << prev
next >> 携帯電話(スマホ含む)をロックされている

(江戸幕府)「上様、これは小籠包に御座います。お熱いうちにどうぞ。」○旨そうだ×無礼者!他

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 中国の毒ギョウザの工場で作ったものでなければ大丈夫。・・・・、と思ったけど、日本でもマルハ日露で同じような事件があったね。

  • 「熱っ!でもでも、旨っ☆」「殿はいつも、点心爛漫でございますな~」

  • (ニヤリwink)

  • 美味なのか?おい箸を持て。

  • 脳内配役:殿(上島竜平or鶴太郎)、家臣(肥後、寺門orビートたけし) 『ささっ、上様お熱い内に』「ま…まずはそちから…」

  • リスクを冒してでも熱々の小籠包食べたい今

×
  • ふと思い出したのだが,江戸時代でも食事が冷めないように炭を忍ばせられる器を見たことがある。毒味の所為で、上様が冷めた物しか食べられなかったというのは都市伝説に過ぎない、という可能性はないだろうか?

  • (おのれこやつ。毒見もせずに。気心知れた側近ならまだしも、顔も覚えておらぬものの出したものをただ食せと言うか…無礼な!)

  • 主コメでドリフ思い出した。毒味役が全部食べちゃうやつ。

  • 江戸時代の殿様の食事には何人もの毒味役を通してから食事として出されるので、食べる頃には冷めきっていたらしい。お題の状況では冷めて不味くなってると思う。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
いざという時、小火器の使い方がわからな... << prev
next >> 携帯電話(スマホ含む)をロックされている