ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

バーテンダーは、何となくかっこいい << prev
next >> チャタリング(chattering)

「走れメロス」は走っていなかった

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • こんなこと考えてる中学生が大好きだ。

  • すごいよな、なんか

  • 激怒もしなかったし、そもそも友人なんていなかった

  • 常人の普通の歩き程度と同じなんだっけ?走ってなさそうw

  • あ、村上少年だっけ?

  • 研究では十里を39kmとして計算しているが、これは日本の尺貫法をそのまま当てはめたもので、里程標(マイルストーン)の設置単位ともなっている古代ローマ・マイルとして計算すると十里は約15km…あ…。

  • いいと思う。正確かともかく。

  • 三島が書いたら一日で行って帰ってきただろう

  • 空想科学読本的な。

  • 走ってないのだから、「走れメロス」で問題ないでしょ。走ったのなら、「走るメロス」でしょ?

  • 何事も多面的な検証は必要ってことだね、太宰治の仕込みかもしれないよ

  • 昨日記事読んで笑った

×
  • 時間を算出したのはえらいが、同じ時間帯の夜道を走って実践していないから駄目だろ。

  • 道中歩きがあることがそんなに不努力というか信義に欠けることじゃないと思うし、日本人が書いたものなんだから、「里」をどう想定してたかなんてのは本人に聞くしかないような。しかし自由研究としては評価できる。

  • メロンが思い浮かぶ。ぼくは、エロスのほうがいいなぁ。

  • 勿論わたくしには走ることが出来ました。しかしそうしなかったのです。そう、わたくしは親友を陥れる為に敢えて歩いていたのです。しかしどうしたわけなのか私は間に合ってしまったのです

  • これこそフィクションの世界。メロスは実在しない。

  • 把握。この説はメロスの体力走力を考えに入れてない。この手の芸風でこの見落としは無しだろ。

  • 太宰治は確かに金を待っていただけ。でもメロスは走ったよね。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
バーテンダーは、何となくかっこいい << prev
next >> チャタリング(chattering)