ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

お坊さんと一緒 << prev
next >> 赤福を食べたことがある

大塩平八郎

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 大坂の漢。

  • 元与力で儒学者。飢饉に苦しむ民の事を考え、「大塩平八郎の乱」を起こす。が、失敗し最期は爆死。遺体は塩漬けにされ、刑場だった飛田で晒された。乱は失敗に終わったが、倒幕のきっかけになった重要な事件。造幣局側に、大塩縁のエンジュの碑があり大塩の事が書かれている。

  • もう少し何とかならなかったものだろうか、という印象

  • 大塩 平八郎(おおしお へいはちろう、1793年3月4日(寛政5年1月22日) - 1837年5月1日(天保8年3月27日))は、江戸時代後期の儒学者、大坂町奉行組与力。大塩平八郎の乱を起こした。通称は平八郎、諱は正高、のち後素(こうそ)、字は子起、号は中斎。大塩家は代々、大坂東町奉行組与力であり、平八郎は初代の大塩六兵衛成一から数えて8代目にあたる。大坂天満の生まれ。かつては平八郎が養子で阿波国の生まれとする説も存在したが、乱に関する幕府評定所の吟味書の記述などから養子である可能性は否定されている。平八

  • 同じ大阪だからって「橋下徹は平成の大塩平八郎」はおかしい。

  • 江戸時代の儒学者で、大塩平八郎の乱を起こした人物。

×
  • 真っ先に仲の悪かった同僚の家を襲撃した点で「ダメだこいつ」と思うが。

  • 大八回りというのが浮かびましたがそっちは伊藤大八でした。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
お坊さんと一緒 << prev
next >> 赤福を食べたことがある