ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

中山昭ニ << prev
next >> 支那派遣軍

お手持ちの小説の最後の一文をお書き下さい。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • おたがいの熱で生ぬるくなってきた手と手をつないだまま、あたしは革命の勝利宣言みたいに、もう片方の手を彼らへむけて高々と突きあげた。

  • 花火の音が何度も繰り返し響いて、そのたびに、閉じた瞼の裏に流れ星が降った。

  • 二人はまた、すっかりなかよしになっていました。

  • 彼女に出会えたすべての人々の未来も。

  • 『私、口惜しくって、・・・・・・』

  • 西の方に雷雲を含んだその空は盲目の河野が肉眼で最後に見た光景と同じものだった。

  • 鎖の錘をつけられた遺体は、ゆっくりと海の底に沈んでいった。

  • 「うん、僕も途中までは何かあるんじゃないかと思ってた」

  • どっちでもよかったけれど、胸がいっぱいになって、どう言えばいいのかわからなくなって、俺は抱き合ったままで、そっと和希に頬ずりした。

  • さあ行きましょう、宇宙へ!この子も飛びたがっているわ!

  • 障害は乗り越えたが、無駄な出費をした上に、残りの80年のうち2週間を無駄に使ってしまつた。

  • つぎの日にまた会うに決まっている友達にさよならをいうのは、いつだってなかなかたのしいものだ。

  • 家族が思いを込めた折り鶴は、レースのカーテンからこぼれる柔らかな陽射しを受けて、輝きつづけていた。 // 小説かどうかは謎

  • 昭和二十年九月二十二日午後、三宮駅構内で野垂れ死にした清太は、他に二、三十はあった浮浪児の死体と共に、布引の上の寺で、荼毘に付され、骨は無縁仏として納骨堂へおさめられた。

  • もし他の誰かがそう進言しているのだとしたら、N県警はこの「激震」からも立ち直れるに違いないと掘川は思った。

  • 秀一は、力いっぱいペダルを踏み込むと、固く目をつぶり、ハンドルを右に切った。

  • やっぱり、出頭すべしと書いてもいいと言えばよかったと、一郎はときどき思うのです。

  • 向かう先には、おそらくさらなる戦と死が待っている。

  • そういうやつである―舞牧麻衣って名前の女の子はね。 変態王子と笑わない猫。6巻

  • 何のためでもなく、何も望まずに・・・。 by スカイ・クロラ

  • 明日ブゥヴィルには雨が降るだろう。

  • こうしてぼくたちは、絶えず過去へ過去へと運び去られながらも、流れにさからう舟のように、力のかぎり漕ぎ進んでゆく。// みやこ路快速さんのって、なんだっけー!? なんか見たことがあるようなー。思い出せそうで思い出せない!! あー気になるー!// skyraさんのHNの由来は「スカイ・クロラ」かな?でも英語だと「sky crawlers」だから、ちがうかなー。

×
  • だが……ピノキオは人間になって本当に幸せになれたのだろうか……?/小説じゃなかった・・・

  • まだ途中なの

  • 図書館から借りたバルガス・リョサの「緑の家」があるけど、まだ読んでないから書けない

回答したユーザ
トラックバックURL:  
中山昭ニ << prev
next >> 支那派遣軍