ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

夢彩都 << prev
next >> 芦部信喜

神道は宗教ではない

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 土着の信仰で教義の様なものはない。どちらかと言えば儀式の色彩かな。 

  • 思想的な感じがするのでこっちかな。やはり大なり小なり集団で法人税払ってないのを宗教と言う気がするので。

  • (*´∇`)あぁ命よ!風は吹き、緑は栄え、カ○ロスやビ×ゲイツやウ▲ーレンのしつこい求愛をやんわりとかわす私。もういい加減にして!!あなたたち一体何歳だと思ってるの…!

  • 日本人の意識に深く入り込んでいるからね

  • うん、豊作なら雨に感謝するとか、無事に漁業ができたら海とか風に感謝するとかそんなもんでしょ?大自然への“畏敬”や、自分たちの運命を司る存在を昔の人は「神」と呼んでいた

  • どっちでもいいけど仏像があるほうが好き

  • 当たり前に生活に入り込むほど、それが特定の信仰指向であると気づかないということです。ですが、少数派を恐れることはないと思いますよ。そう感じないということが信仰できているということです。神社にステレオイメージとしてのカルトっぽさは感じないのでこちらに入れておきます

  • こ、これも少数派? 是非両方、回答ありがとうございます。聞いてみたかったんです。確かに神社庁を長点とする宗教法人ですし、「超自然的、超人間的本質の存在の確信、畏敬崇拝の心情と行為」最高裁判決引用に該当します。 教典や教祖が存在しない事は違うし、新興宗教系の神道も存在します。 でも難しいけれど、解釈は人それぞれだし…創造主の観点の科学的な事も、自然の中で一部あり…移り変わる時代の中で…普遍的な共通認識と…変わっていくものと…。自然に入り込んでいるものと、自分自身不思議に思うので。

×
  • 津地鎮祭訴訟の原文(民集31巻533頁以下)を読みましょう。

  • ある程度のくくりにせよ神道って名前ついちゃってるくらいだしねえ

  • ある程度体系化した信仰概念は宗教って呼んでいいじゃないか。

  • 帝国憲法も一応政教分離を定めていたけど,その中で国家神道を正当化したのがこの理屈

  • 既に宗教として浸透している

  • 右翼の手にかかるとインチキ宗教掛かってくるわけだが。共産主義が原理主義的になっていくのを宗教的と捉えても何ら不都合はないわけで、何でもかんでも宗教となってしまう。

  • 日本の生活に数々浸み込んでいる原始宗教。

  • キリスト教みたいな勧誘とかないだろうけど

  • 宗教は抽象名詞。抽象名詞の用い方に恣意が勝り過ぎる印象(※)。俗語を恣意的に使う(態と俗語を使って意味を暈す)程の強い抵抗感は抱かないけれど。  ※ 誰もがしてるけどね。僕もね。 

  • 信仰体系である以上宗教の範疇にあると思ってる。教祖や教典の有無に関わらず。

  • 新興宗教の勧誘にあったら「私は神道なので」と言って断るとつっこまれにくい。

  • 宗教だとなにか不都合があるのかな

  • 伊勢神宮の祭事を知ってのことであろうか?

  • むしろどこら辺が宗教じゃないと言えるのだろうか。

  • アホとバカの違いみたいな感じ?むずかしい・・。アホはバカじゃないし、バカはアホじゃない。

  • 要約するとこういう意味か。教義という妄信へのギリギリの抑止力すら持たぬ、究極にして最低最悪の宗教である。/普遍的な共通認識の僭称なんてカルト宗教そのものだろ。

  • 神社庁は、れっきとした宗教法人。ケルト等と同じく自然信仰からの民族宗教(ゾロアスター教等も含まれる)という考え方がある。神道が宗教でないなら、佛教も「哲学だ」という人がいる位他の宗教も全て「宗教じゃない」という事になる。儒教は、哲学か宗教か難しい所。仮に神道が宗教じゃないなら、各神社は優遇されている税金を納めなければ。

  • へえー。なんか面白いですね。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
夢彩都 << prev
next >> 芦部信喜