ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

苺の食べ方にこだわりがある << prev
next >> 自分の命と引き換えに他人の命を救う

幸せになれないことは一種の罰である。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 先天的な要因とかもあるしね 己がどう足掻いても無理なものは無理

  • 「不幸のすべて」…ではないけれど。自覚してないだけであって、実は生まれてから・罪を犯した事のない人はいないんです。選択してるなら、人から不幸と言われる筋合いもないし、選んでる人は、そうなるべくしてなってる。その結果…因果が…不満でも気付かなかったり、わかっていても、やめられなくてもがく事が問題なのであって。自分で「幸せになれない〜」とか人に「幸せになれない!」と言っちゃうのはやっぱり一種の言霊の罰を受けてると言える。もちろん、色んなことが複雑にからんでいるので、間違っても、何らかの不幸や災いが起こった人に

  • 人生のヒント系ブログには必ず書いてあるテーマ。自分に対してのみこう思うべきで、他人に対しては言うべきでないのだが、逆の使われ方をすることがほとんど。「自業自得」も同様

  • 刑期を終えて出所した元受刑者が待っているのは過去に犯罪を犯した者の社会復帰を絶対に許さないという世間が科す終身の罰。これが最も端的な事例と言える。「過去」は変えられないので、過去にどんな小さなミスや過ちでも犯せば、他人はそれを一生許さないので無限に懲罰を与えようとする。清廉潔白を保てなければ生きている限り、他人による罰を受け続けなければならないのか。//それにあたしの位置付けも(反逆的な行為者として)犯罪者という扱いとして社会的制裁という罰を科そうとしているのです。//幸せとは競争に勝ち抜いた者の権利。

×
  • 幸せになりたいと希うことは一種の拷問である

  • すんませんゲームしてるだけで幸せです。

  • 罰ではなく×。「運命」。但し、近未来に「運命」を変えるのは己。

  • 幸せになれないってのは、どんな形でも幸せは転がってると思うんだけど、本人がそれに気付いてないだけなんじゃないか?

  • 『辛いをよくこらして見てごらん。幸いにも見えるでしょ』 ベムスター

  • 幸せは罪の匂い

  • 幸か不幸か、それはその人が決めることだと思ってる、だがどう努力しようが何一つ思い通りにならない人生というのは、恐らく前世からの罰なんだろう・・・

  • 幸せになれないのは自分だから、運命みたいな感じ

  • 他罰感情のあらわれだと自覚できるのなら、まだ救いようがある。自罰感情との自覚があるなら、そんな自分に陶酔してるだけ。自覚がないなら、病院へ。

  • 幸せを感知するアンテナが何かの理由で一時的に働かない時だってあるかもしれないので、幸せでない=罰ではないと思う

  • コト題とPost主のコメントとはあまり整合性がない様に感じるが。まあ、他人と自分を比べなければ良い話なのではないかな。「隣の芝生は青く見える」

  • 罰というより宿命かもと思うようになった。シネマパラダイスのように。

  • それは40歳無職の犯罪分子の共産ババアが無能だからに過ぎないw

  • 罰と言うよりは、運命なのかも...と思ってしまいました

  • 難しいですね。正直わかりません。ただ「他人と比べることで感じる類の幸せは本当の幸せではない」と聞いたことがあって最近なんとなくわかる気がして来ました。

  • ありきたりの幸福に興味のない者には罰でも何でもない。

  • 結婚させてもらえないことは罰を受けている?

  • 幸せは何処にでも転がってる。磨かないだけ。拾わないだけ。気付かないだけ。欲張りなだけ。

  • 俺には難しくてよくわからんけど今日も美味いもん食べてゆっくり風呂に入ってグッスリ寝ようかな

  • 幸福とは何か、私は常に疑問を持ちながら悩んでおります。

  • どちらかと言うと辛い寿司が当たった人が罰を受けた感じだね

回答したユーザ
トラックバックURL:  
苺の食べ方にこだわりがある << prev
next >> 自分の命と引き換えに他人の命を救う