ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

カンパン << prev
next >> ブラウンモーニングリポートです。試して...

「500円のお返しになります」

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 違和感なくはないが接客用語というジャンルの言葉

  • 「受け取ったわ」 ★○ 500コメント★

  • 日本語としては問題かもしれないが、計算したら(他の金額じゃなく)500円になったよ、というニュアンスをくみ取れるので気持的には違和感がない。かえって柔らかみを感じる。

  • ちゃんとあれば問題ないです

  • そしてこれは死んでいった仲間達の分だ!

  • お釣いくらでしたっけ?って店員サンに聞かれるよりマシ

  • おー、ぴったしカンカン

  • このぐらいなら許してあげようよw

  • きっちりお釣りくれれば何でもいい

  • 気にならないなぁ。コメントを読んで初めて変だと気付いた。

  • 目くじらを立てるほどのものではない。

  • ×をつけられない日本語能力に欠ける人間です

  • これが気になる人は、初めての来店での「毎度ありがとうございます」も気になるんだろうな~。

  • もう日本語として定着してるからいいんじゃないか

  • ハイ、500円です。って言われたらなんか腹立つ

  • 言葉は紆余曲折を踏まえて進化するものです

  • 自分はどうだろって考えたら、「500円のお返しです。」って言ってるなぁ。

  • たとえば、635円の買い物だったとしたら、1,135円を払ってでも500円玉が欲しい!ってことでしょ?財布軽くなるもん。

  • なにを言ってるかあまり聞いてないので気にならない

  • もう新しい日本語なのでしょ。「なります」につっこみいれたら「お返し」というのも「おあずかり」も微妙だし

  • こういう違和感を敏感に感じ取れる人は町中歩いていてもツッコミどころが多くて疲れそうだ

  • ありがとう。100円玉でお願いします。

  • 普通に聞き逃してしまいがち。

  • そうですか。

  • 結果的に小銭減ったと思われ。

  • 「100円玉でください」                   言い方としては 「500円のお返しです」でも○

  • ほーい、どうもっ

  • はーい。あ、レシートも下さい。

  • 矢崎さんのいうとーり。客側から言うと、余分に渡したものを返してもらう。どちらかというと「釣り」という言葉を店員に言われることにムズムズする

  • あ、どうも。

  • これは全然おかしくないでしょう。時間の流れじゃなくって、論理展開(っていうか計算の流れ)として「商品は1500円、2000円受け取ったから、その結果、お釣りは500円、ということになります」なんだから。

  • はいどうも

×
  • 『なる』んじゃ~なぃですょね。断定してくれなぃと。^^;

  • 「カツ丼になりま~す。」・・・おぅ、なってみてくれ。

  • 「~円お返しいたします」、いいスね

  • かねてから「~になります」「~となっております」みたいなのが耳障りでかなわない。レジだけでなくラジオなどでも。

  • お返しです、ってよく聞くような まあどっちでもいいんだけど

  • なるほどそうなりましたか。

  • RFIDが早く生活に実装されてレジ店員レスな時代が来ますよーに(コトとは無関係です)。

  • バイトで「~円のお返しでございます」と言えと習った

  • 丁寧に言いたいのなら「お返しでございます」と言えばいいのだ

  • 回りくどいのはイヤ。無意味はイヤ。

  • なんか気持ち悪い。。。 もっとちょーだい!!Σ(・◇・;)

  • 店員の論理展開なんて客にとっては本当にどうでもよいことだ。むしろ客が求めるのは、ミニマムで、正確で、不快でない応対でしかない。ついでなんだが、レジのディスプレイの金額表示をもっと大きく見やすくして欲しい。店員が「○○円になります」とか言ったとしてもそんなことは信用できないし、ユニバーサリティの点でも求められる。

  • 気になる。気持ち悪い。

  • 言葉としては違和感ないけど、ウチの職場では「お返しいたします」で統一されましたorz

  • 矢崎さんの言う通りだけど、かつては「お返しです」で十分だった。見知らぬもの同士の下敷きにあるものが、不信感へと反転した。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
カンパン << prev
next >> ブラウンモーニングリポートです。試して...