ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

蒲田餃子 << prev
next >> イクラちゃん「ちょカメラ止めろ」

このコトのコメント覧を上から下 (↓) に読んで意味の通る物語にしてみる

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • なお、男の子から告白しても恋は成就しない

  • しかし、「きらめき高校」は都市伝説上の高校であり、実在しなかった

  • 「きらめき高校」の校庭に古くからある「卒業式の日に女の子から告白して生まれたカップルは永遠に幸せになれる」という

  • 伝説の木の下で待つ君に駆け寄ろうとして

  • 「何もないところでつまずいたんだよね~」俺は言い放った。

  • 「何もないとこでつまずいたのwwだっさっっw」彼女は言い放った。

  • お前はそう言うが、俺は滅多に転ばないんだ。しかし、あの日は違った。

  • どしゃ降りの中、微かに聞こえる警告音と上下に点滅する赤いランプに誘われるように踏切に入って行く。途中で線路の溝に足を取られて転んだその時、

  • トラウマとして封印されていた彼の記憶が蘇っていった、それは

  • シンデレラに憧れて校舎の屋上でコスプレを楽しんでいたのに守衛さんに見つかってしまい

  • ガラスの靴を残して駆け去っていった。

  • 「そうか!キミがあの時の!」

  • 初めて出会った日、二人の夜は燃え上がった。彼の回転ドリルは彼女の葡萄色のぬたつきの中に何度も精を放った。

  • 僕達が付き合うようになってからは色んな場所へ行き、色んな思い出を作った。

  • 時計台の下で会ってから3年もたった今、2人の間はすれ違いが多くなった。

  • その彼女と別れて以来、僕はやることなすことすべて投げやりになり自堕落な生活を送るようになった。次第に自分の殻に閉じこもりがちになりついに鬱になった。そしてどうしたら楽に死ねるかということばかり考えるようになっていた。

  • 死にたいと思っても死ねないので、そのうち僕は考えるのをやめた

  • 「そして僕は一人になった」/ これが最後の一文です。どうしてこの結末に至ったのかは上の方々にお任せします。少々面倒臭いかと思いますが気が向かれた方は宜しくお願いします。/ http://kotonoha.cc/no/25956の逆です。

×
  • くだらねぇことをpostしてんじゃねぇぞwww コトノハはアンケートだけのためにあるもんだよwww コトノハの機能で遊ぶなよカスwww

  • ガンバ〜

  • …御免、お手上げ

  • あとから読ませて頂きます。覚えてたら

  • 読むとか言ってたのにすぐわすれるあんなだらしない男にあんなよくできた嫁はんなんてもったいないったらありゃ

  • しない。誰がスタートになるのかはちょっと楽しみ / ↑NEWSすげぇアホさんが地味に上下文章リンクさせてて笑った

回答したユーザ
トラックバックURL:  
蒲田餃子 << prev
next >> イクラちゃん「ちょカメラ止めろ」